島根県立大1年平岡都さん(19)の遺体が広島県の山中に遺棄された事件について、警察庁は26日、事件解決に結び付く有力情報に公費で懸賞金を支払う対象に指定した。最高300万円で、応募期間は1年間。
 公費の懸賞金は原則、発生から6カ月を経過した事件が対象だが、捜査が難航しているため前倒しした。前倒し指定は2件目。
 平岡さんの両親は警察を通じて「犯人につながる情報が寄せられることを願っています」とコメントした。
 このほか、滋賀県の琵琶湖で切断された遺体が発見された身元不明の男性と、広島県廿日市市で県立高校2年北口聡美さん=当時(17)=が刺殺され祖母も重傷を負った事件に関する情報の応募期間を、それぞれ1年間延長する。懸賞金額はいずれも最高300万円。 

【関連ニュース】
義姉刺殺、放火して逃走=同居の43歳男、殺人容疑で逮捕
平岡さんの靴と特定できず=DNA試料集まらず
女性刺殺、保険代理店役員を逮捕=宮城県警
万引き少年、1割増加=刑法犯全体は微減
同級生「残念」と一言=大森さん告別式

整形で逃亡はさせない! 警察庁と美容外科団体が協定(産経新聞)
日精協の鮫島会長、3期目満了で退任へ(医療介護CBニュース)
「ローリング族」助長の不正改造、車整備2社を捜索 兵庫県警(産経新聞)
「お年寄り狙いやすい」ひったくり容疑で中学生逮捕(産経新聞)
軽自動車逆走、車と衝突=伊勢道で3人死傷-三重(時事通信)