平野博文官房長官は24日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相が官房機密費(内閣官房報償費)の使途を一定期間後に全面公開する考えを示したことについて、「オープンにすることによって情報提供されなくなることが国益にとって本当にプラスなのか。担当責任者として考えなければいけない」と述べ、全面公開に消極的な姿勢を示した。

 平野氏は、首相が機密費の支出記録を4月からすべて残すとしたことについても、「(記録を残すことは)決まっているとかの問題ではない。そのことを含めて検証する」と語り、4月以降、1年間の使用状況を踏まえた上で判断する考えも示した。

 ただ、平野氏は首相から機密費の使途の全面公開に向けた説明を聞いていないとした上で、「総理は一貫して全面公開の方向性を出されており、それに合うように知恵は絞りたい」とも強調した。

【関連記事】
官房機密費全面公開へ 首相明言
機密費、鳩山政権も月6000万円 昨年11月以降分を公表
鳩山首相、機密費透明化に「過去は見えないかも…」
官房機密費、衆院選直後の2億5千万円の使途「確認できず」
機密費の官邸への上納「裏付け資料ない」 官房長官
医療最前線 ドラッグ・ラグの行方

参院選 「2人目」擁立 小沢氏と地方組織が対立 (産経新聞)
<訃報>大木英夫さん66歳=「新宿そだち」の歌手(毎日新聞)
<文楽列車>奈良へ 平城遷都記念(毎日新聞)
22年度予算が成立 戦後5番目の早さ(産経新聞)
<日米密約>谷内前次官の招致、自民が難色(毎日新聞)