新日鉄エンジニアリングは19日、国内で初めて生ゴミなどの食品廃棄物からバイオエタノールを製造するプラントの実用化に成功したと発表した。

 全国の自治体などに販売する方針だ。

 プラントは、1日当たり約10トンの食品廃棄物から、約500リットルのエタノールの製造できる。販売するプラントの食品廃棄物の処理能力は1日当たり60トン程度で、販売先は主に人口が30~40万人の都市を想定していて、プラントの価格は10億~20億円。

 このプラントを使えば、食品廃棄物の焼却処理が不要になる。回収したエタノールを自動車の燃料などに再利用すれば、従来のゴミ処理施設よりも二酸化炭素(CO2)排出量を30~40%削減できるという。

民主岐阜県連が体制刷新を要求 小沢氏更迭論が背景(産経新聞)
山本一太氏、町村派退会の意向表明(産経新聞)
脱税指南、八木被告「違反の認識なかった」(読売新聞)
<幸田町汚職>容疑の町議 弟から報酬、一部受領 (毎日新聞)
ニュージーランド人教師交流 日本語熱冷める 予算削減、最後の研修?(産経新聞)