トヨタ自動車は20日、2月に発売した小型車の新型「パッソ」について、低速走行時などにエンジンの回転数が落ちてエンストする恐れがあるとして、国内で販売した約2万2300台を対象に自主改修を行うと発表した。排気量1000ccのモデルが対象。
 20日からユーザーに個別通知し、21日から販売店で改修を受け付ける。エンジンとCVT(無段変速機)の制御用コンピューターのプログラムを書き換える作業を行うという。4月26日以降の生産分については、改良済みのため自主改修の対象外。生産・販売は停止しない。
 パッソはトヨタと子会社のダイハツ工業が共同開発。ダイハツも同型車「ブーン」を1050台販売しており、これについてはダイハツが自主改修する。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ自動車「プリウス プラグインハイブリッド」
【特集】トヨタ リコール問題
小沢トヨタ副社長、「大きな影響は必至」=「ギリシャ」問題の長期化懸念
レクサス4500台リコールへ=ハンドル制御に不具合
トヨタ系との統合否定=竹中ミサワ社長

埋却地提供「できる限り協力」=口蹄疫で、基地周辺用地―防衛省(時事通信)
株主総会に向け警戒本部=来月29日に500社―警視庁(時事通信)
代替フロン 中国から大量排出 研究チーム分析(毎日新聞)
「金は使った」容疑者の娘が供述 千葉の放火殺人(産経新聞)
鳩山首相「ぶら下がりより記者会見を活用したい」(産経新聞)