岡田克也外相は14日午前、フジテレビの番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、「いろんなことが(表に)出ると、メディアの餌食になるし、地元で反対が噴き出してつぶれてしまう。きちんと固まるまでは水面下で(調整を)やらないといけない」と述べ、移設候補地の自治体や米政府との調整には細心の注意を払う必要があるとの考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

子ども手当修正案を了承=公明(時事通信)
<福岡市>「観光資源」「邪魔」…天神を彩る観光資源「屋台」どうする? 新組織で協議へ(毎日新聞)
【近ごろ都に流行るもの】おしゃれエプロン 女子力アップ(産経新聞)
高知の川に乳児遺体(時事通信)
温暖化法案閣議決定 産業界負担増、強い不満 競争力低下、雇用に影響(産経新聞)