自民党の谷垣禎一総裁は19日午前の記者会見で、民主党の生方幸夫副幹事長が小沢一郎幹事長を批判して解任されることについて、「かねがねあそこの党の運営は極めて強権的、独裁的だと思っていたので、その現れなのかなという印象だ」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<水戸検察審>男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決(毎日新聞)
交通死1000人超す=昨年と同じ日に-警察庁(時事通信)
<立山黒部アルペンルート>雪原にくっきり「蛇」(毎日新聞)
<運転見合わせ>JR山手線など3線 立ち往生も(毎日新聞)
「昼間にも叫び声」マンション住人が証言 天王寺で腹刺され男性死亡(産経新聞)