原口一博総務相は16日の閣議後記者会見で、新党「たちあがれ日本」が参院選の比例代表での略称を新党日本と同じ「日本」と決めたことについて「今の法律ではそれを止める手だてはない」と述べ、届け出があれば受理されるとの見通しを示した。新党日本は、同じ略称を認めることに反対している。
 現行の公職選挙法によると、他党が既に用いている略称の使用を別の政党が届け出た場合、その政党が要件を満たす限り受理され、略称による投票は有効投票数に応じて案分される。このため、原口氏は会見で「制度的な担保について早急に国会でも議論していただければ」と述べ、法改正を検討すべきだとの考えを示した。 

【関連ニュース】
高速通信も全国一律化検討=総務省
出先事務移管、一部先行実施も=地域主権で知事会からヒアリング
同一略称、有権者が混乱=田中新党日本代表
「情報通信文化省」新設を=民主議連が提案
小沢氏と碁の対局約束=自民控室では言葉なく

「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権(産経新聞)
JR東海7人、私鉄無賃乗車=IC乗車券の記録消去(時事通信)
首相秘書官が米国務副長官と会談へ 普天間移設問題(産経新聞)
JASマークを無断使用=「深大寺そば」の製粉会社-容疑で社長ら書類送検・警視庁(時事通信)
<虚偽勧誘>業者に業務停止命令 東北経産局(毎日新聞)