伊勢神宮(三重県伊勢市)の門前町「おかげ横丁」が、神宮近くを流れる五十鈴川の伏流水で「横丁サイダー」などを開発、観光客の人気を集めている。

 団塊世代が幼いころに飲んだ弱めの炭酸の柔らかい味を追求。後味がよく、さわやかに仕上げた。全国のサイダー約20種類を取り寄せ、飲み比べながら伏流水を改良。口の中ではじける泡の大きさにまでこだわったという。340ミリリットル入り200円。

 今年は伊勢神宮の参拝者が増えるとされる60年に1度の「おかげ年」。景気低迷が続く中、さわやかなサイダーが、観光客の財布にも刺激を与え、はじけるような御利益をもたらしそう?【福泉亮】

【関連ニュース】
トキワマンサク:苗木を無料配布 きょう伊勢・おかげ横丁で /三重
結婚式:八戸屋台村で初の挙式 長根さん、松原さん「感激」「うれしい」 /青森
横丁こそ元気の源=鈴木琢磨
話題:福岡市に「屋台村」構想 「管理しやすい」「風情がなくなる」 先駆地・呉を歩く
屋台村:福岡市が構想 “先輩”広島・呉「清潔で苦情なし」

<普天間移設>政府案決定へ協議…閣僚会議(毎日新聞)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
介護保険 ドラマで解説 豊島区がDVDを制作(産経新聞)
<真夏日>各地で記録、広島・加計では30.7度(毎日新聞)
もんじゅ立ち入り検査=試運転控え、保安院-福井(時事通信)