<参院選>過半数割れなら首相退陣も 渡部恒三氏(毎日新聞)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は24日、千葉市内で開かれた「毎日新聞企業人大学」(毎日新聞千葉支局主催)で講演し、夏の参院選について「過半数割れした場合は、鳩山(由紀夫首相)君も白紙になってもらって、首相を誰にするか、そういう相談から連立に取り組まないといけない」と述べ、連立与党で過半数に届かなかった場合、首相が退陣する可能性に言及した。また、「公明党やみんなの党と組んで、国民の期待に応えるしかない」と語った。【塙和也】

【関連ニュース】
渡部恒三氏:「小沢君は絶対辞めない」名古屋の講演で
毎日新聞企業人大学:渡部恒三氏、24日に講演 /千葉
ミッドランド毎日フォーラム:渡部氏が参院選を語る

青木氏後継に長男決定=河野氏は署名留保―自民(時事通信)
【知の先端】奈良先端科学技術大学院大学教授・高橋淑子さん(産経新聞)
口蹄疫、責任追及より対策強化が先決…首相(読売新聞)
参院選比例代表で安藤、西島両氏を推薦-日精協政治連盟(医療介護CBニュース)
最強の生物 クマムシの謎に迫る ゲノム解読し本格分析へ(産経新聞)

口蹄疫の感染止まらず=家畜処分対象は8万頭超に―宮崎(時事通信)

 宮崎県で、家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に感染した疑いのある家畜が国内で10年ぶりに確認されてから3週間が過ぎた。発生農場は86カ所に達し、殺処分の対象となる牛や豚の累計頭数は14日時点で8万257頭にも及んでいる。10日に宮崎を訪れた赤松広隆農林水産相は家畜の殺処分に対する補償を国が全額負担すると強調したが、その後も相次ぐ発生に関係者の不安は収まっていない。
 「夢も希望もない。もうわれわれは体力が持ちません」。赤松農水相との会談で農業団体代表は畜産農家の窮状を涙ながらに訴えた。同県の東国原英夫知事も畜産農家の体力が10年前の発生時と比べて低下している現状を繰り返し説明、国に全面的な支援を要請した。
 被害の規模は殺処分が牛35頭にとどまった10年前とは比べものにならない。ここまで被害が拡大した要因の一つとして、県は畜産農家が密集する地域で発生していることを挙げる。県によると、被害が多発する川南町では既に町内の半数以上の豚が殺処分対象となり、牛も半分に迫る。殺処分後の埋却作業は自衛隊の協力を受けるが、全体の約半分しか完了していないのが現状だ。 

【関連ニュース】
口蹄疫「特効薬ない」=まん延防止で赤松農水相
現行のまん延防止策徹底を=口蹄疫で赤松農水相
「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で
堂々と立つ「一本桜」満開=岩手・雫石町〔地域〕
殺処分の家畜6万頭超す=宮崎の口蹄疫

徳之島3町長「平行線だから、もう会わない」(読売新聞)
村井仁長野県知事が退任表明(産経新聞)
カキツバタ 雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社(毎日新聞)
<たわわちゃん>京都タワーのキャラ、仲良しの園児らと茶摘み(毎日新聞)
<事務・権限仕分け>21、24両日に開催 地方委譲へ(毎日新聞)

<水俣病>犠牲者慰霊式、鳩山首相が出席へ(毎日新聞)

 平野博文官房長官は30日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相が5月1日に熊本県水俣市で開かれる水俣病犠牲者慰霊式に出席すると発表した。水俣病犠牲者の慰霊式に首相が出席するのは初めて。

 政府は3月、水俣病の未認定患者の救済に向けて熊本地裁が示した和解案の受け入れを決め、4月16日に救済策を閣議決定しており、慰霊式出席の環境が整ったと判断した。平野氏は「命を守る鳩山政権として解決に努力し、大きな一歩を踏み出した節目の年であることを踏まえ、首相自身の強い希望のもとに実現した」と語った。【横田愛】

【関連ニュース】
鳩山首相:水俣病慰霊式で謝罪へ メルマガで明らかに
水俣病:救済を閣議決定 未認定3万人超対象
水俣病:未認定患者救済閣議決定 環境相は全員救済に自信
記者の目:水俣病、被害者救済方針=西貴晴(水俣通信部)
水俣病「解決」「決着」の陰に=専門編集委員・玉木研二

生体移植で寄付受領 東京医科大八王子センター、3年間に1360万円(産経新聞)
<南アW杯>トラブル多発のツアー業者…銀行が口座凍結(毎日新聞)
「北朝鮮に行く」野中氏に機密費要求(読売新聞)
徳之島町長、首相との会談応じる意向=普天間移設問題で(時事通信)
行楽地へ郷里へ高速渋滞続く、Uターンでも(読売新聞)
記事検索
リンク
リンク
リンク
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ