米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非が争点となった同県名護市長選は、24日午前7時から投票が始まった。投票は午後8時に締め切られ、即日開票される。深夜には結果が判明する見通し。移設反対派の新人と条件付きで容認する現職の一騎打ちで、結果は鳩山内閣の新たな移設先の選定作業に影響を与えそうだ。
 有権者数は44896人。期日前の投票者数は14239人と、前回(9588人)の約1.5倍に上った。
 立候補したのは、新人で前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=と、再選を目指す島袋吉和氏(63)=公明支持=の無所属2人。島袋氏は自民党の支援も受けた。
 普天間問題をめぐり、稲嶺氏は名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設するとした現行計画に反対し、県外移設を主張。島袋氏は滑走路の沖合への移動を条件に、辺野古への移設を容認する立場だ。 

【関連ニュース】
普天間移設への影響注視=「豪腕」小沢氏に期待も
名護市長選、24日投開票=普天間争点に最後の訴え
普天間移設、現行案で決着も=岡田外相
福島党首の4選決定=社民大会が開幕
衆院予算委の詳報

ネット掲示板に男児裸画像=容疑で専門学校生逮捕-警視庁(時事通信)
聴覚障害の裁判員候補者に手話通訳準備せず(読売新聞)
長野の村井知事“ダンマリ戦術”の理由とは?(産経新聞)
ヒマラヤ氷河「2035年消失」は誤り(産経新聞)
【中医協】勤務医対策、病院側の立場の違いくっきり(医療介護CBニュース)