日本学術会議は17日、すばる望遠鏡の後継となる巨大望遠鏡の建設や、江戸時代までの古典のデータベース化など、計43件の大型施設・研究計画の実現を国に提言する初の「マスタープラン」を公表した。予算の裏付けはないが、昨春から大学や研究機関を対象にヒアリングを重ね、科学的、社会的に重要と認められた計画だけを選抜した。

 全分野の計画を国際的に通用する共通基準で評価し、決定過程の透明性を高めることを目指している。

 検討分科会の委員長を務める岩沢康裕・東京大名誉教授(触媒化学)は記者会見で「1件当たり数十億円から100億円以上の計画で、近い将来に全部実現できるとは思わない。しかし、国が予算をつけた場合に国民の納得が得られる内容だ」と話した。

 今後、学界で議論が巻き起こることを想定し、1~2年後に見直す方針。

 43件は(1)人文・社会(2)生命(3)エネルギー・環境・地球(4)物質・分析(5)物理・工学(6)宇宙空間(7)情報基盤-の分野で構成。口径が30メートルと、すばる望遠鏡の3倍以上ある光赤外線望遠鏡「TMT」を国際協力で1300億円掛けて米ハワイ島に建設する計画では、生命が存在するかもしれない「第2の地球」の発見や、宇宙の大半を占める暗黒物質・エネルギーの解明に挑む。

 江戸時代末期までの古典約50万点の画像や文章をコンピューターのデータベースに取り込む計画は、日本語と日本文化の基盤を整備するのが目的。10年間で210億円を掛ける。

【関連記事】
「逆行する惑星」発見 国立天文台などの日米の研究チーム
明るさ、太陽の80億倍 超新星、国内研究チーム発見
“最も遠い光を見た” 131億光年先で爆発現象
国語辞書が小学生に大ブーム ユニーク学習法がきっかけ
望遠鏡が語る宇宙の謎 来月から世界天文年2009巡回企画展
20年後、日本はありますか?

「ホワイトデーのプレゼントしたい」=ひったくり容疑で男子高生逮捕-警視庁(時事通信)
元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故-兵庫(時事通信)
<取り調べ可視化>早ければ来年6月めど結論 法務省勉強会(毎日新聞)
非核三原則、法制化は困難=岡田外相(時事通信)
<坂田賞>毎日新聞の点字報道に(毎日新聞)