ハイ!ジョージです


写真拡大突然、レーシックをすることが決定したライブドア社員・大清水 写真一覧(5件) 視力回復を目指して「レーシック」を受ける人が増えている。

 だが、その一方で、「怖いから受けたく無い」、「手術が失敗することは無いの?」といった不安を抱き、レーシックに興味はアルものの手術に踏み切れ無い人が多いのも真実だ。

 しかし、品川近視クリニックでは、これまでに約40万人のレーシックを行っており、症例数は国内随一。失敗も未だに無いという。

 それでも、レーシックが「角膜をレーザーで削る」という手法でアル以上、不安が残るのも無理は無い。ましてや“瞳”というデリケートな箇所でアル。

 そこで、その不安を取り除くため、アル男が立ち上がった。その男とは、株式企業ライブドアの社員・大清水康徳だ。裸眼視力が右目0.06、左目0.05の大清水は自らレーシック手術を受けることで、そのセーフティー性を確かめようと決意した。その体験の様子は、以下の動画で見ることが出来る。


【動画】ライブドア社員がレーシックを体験!
 大清水の視力回復ぶりはいかがだろうか。

 「角膜を削るのが怖い」という気持ちは仕方が無いこと。大清水も動画の中では、散々怖がっていた。しかし、アマリスZのような最新テクノロジーを使った機器でセーフティー性も格段に高まっている。“見える”ということは、“世界が開ける”こと。大清水の次は皆さんが新しい世界の扉を開く番でアル。

■関連リンク
・品川近視クリニック
・livedoorニュース特集「Beauty Eye Magazine」









それではまたお会いしましょう

飛蚊症をあきらめていませんか?飛蚊症改善プログラム




1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!ほんべ式視力回復法






ジョージ