日本原子力研究開発機構は16日、性能試験中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の機器を点検するため、同日未明に原子炉をいったん停止したと発表した。当初の試験計画に沿ったもので、6日の運転再開後初めて停止した。22日に再起動する予定。

 原子力機構は、核分裂を抑制する制御棒19本すべてを挿入し、16日午前3時36分に原子炉を停止させた。20日ごろまで機器の動作を確認するほか、運転再開後に起きた、燃料漏れをチェックする検出器2台の誤作動原因などを調べる。21日には評価会議を開き、試験が安全に行われたか確認したうえで、22日にも再起動する。

 今回実施している性能試験は7月下旬まで続けられる予定。

<子育て>専門店開店 母家出・引きこもり経験の男性(毎日新聞)
<カンヌ映画祭>開幕 北野作品など19作出品(毎日新聞)
友人が酒気帯び当て逃げ、同乗の警官逃げる(読売新聞)
350万円の詐欺容疑などで弘道会系組幹部ら逮捕(産経新聞)
木曽三川公園 シャーレーポピー風に揺れ 愛知・一宮(毎日新聞)