北朝鮮による拉致被害者の家族会と支援団体「救う会」は28日、東京都内で会議を開き、鳩山政権の北朝鮮政策について、現行の経済制裁に加え、送金と人の往来の全面停止を求めることなどを盛り込んだ活動方針を承認した。
 会議では、夏の参院選で拉致問題を主要争点の一つにするよう、与野党に働き掛けることも決定。家族会の飯塚繁雄代表(71)は「拉致をめぐる停滞した雰囲気を打開するため、東京などでデモ行進を行い、大きな力にしたい」と話した。
 また飯塚代表は、拉致被害者蓮池薫さん(52)の兄で元副代表の透さん(55)を退会させることも明らかにした。北朝鮮との対話の必要性を強調するなど、家族会と異なる方針を主張し続けたためという。27日の総会で決めた。 

<振り込め詐欺>「キング」に懲役20年判決…東京地裁(毎日新聞)
携帯注意され線路に突き落とす(スポーツ報知)
幹部公務員83人が勧奨退職=政権発足半年で-政府答弁書(時事通信)
<平成の大合併>99年以降、市町村数が半減…31日に幕(毎日新聞)
<鳩山首相>記者会見をフリー記者らに開放 40人が出席(毎日新聞)