宮城県石巻市の宮城県水産高栽培漁業類型の生徒7人(3年)が21日、同市寄磯漁港内に産卵期を迎えたナマコを網かごに入れて海底に沈めた。増殖を目指す県内初の採卵試験だ。

 成熟したナマコは6~8月に産卵期を迎え、1個体当たり50万~300万粒の卵を放出。稚ナマコは約3年で出荷サイズに育つ。同校は10月に潜水調査を行い、分布や成長状況を確認する。

 コリコリした食感のナマコは韓国などでは高級食材として好まれ、密漁も多いという。「増殖を成功させて漁場にしたい」と意気込む関係者。見た目は不気味なナマコだが、人気者の素質は十分?【石川忠雄】

【関連ニュース】
雑記帳:きもかわいい第2弾 青森ナマコ形お守り

傷口に塩…秋葉原殺傷の遺族、弁護側に不快感(読売新聞)
<宝くじ販売権譲渡詐欺>被害数百万円、容疑の男逮捕へ(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎県西都市でも新たに感染の疑い 2市4町に(毎日新聞)
車内放置で乳児死亡、母親に実刑=裁判員「事件の重大さ分かって」―秋田(時事通信)
農家支援の低利融資拡充=口蹄疫問題で―農水省(時事通信)