平野博文官房長官は22日午前の記者会見で、政府が衆院予算委員会への内閣法制局長官の陪席を自民党に打診したとの一部報道について「事実は全くない」と否定した。
 政府は、与党が官僚答弁を制限する国会改革関連法案を提出する予定であることを踏まえ、今国会冒頭から法制局長官には答弁させない方針で臨んでいる。平野長官は「今、画期的な状態になっているのではないか。生みの苦しみの中で闘う」と、この方針に変わりのないことを強調した。 

【関連ニュース】
朝三暮四は「すぐ変わること」?=鳩山首相、朝令暮改と勘違い
29日に施政方針演説=山岡氏
捜査介入の意図ない=「不起訴望む」発言を撤回
経済、安保で質疑=衆院予算委
政治とカネ、谷垣氏攻め切れず=党首対決も自民内に不満

<鳩山首相>緊急人材育成支援事業 11年度から恒久化表明(毎日新聞)
「貧困ビジネス」FISの3人告発=2億円脱税容疑-名古屋国税局(時事通信)
大茶盛 初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)
公立小給食費、初の月4000円台=米飯は週3.1回-文科省調査(時事通信)
大人気瀬戸内海の無人島 落札価格は2、3千万円? (J-CASTニュース)