自民党は22日、母親から多額の資金提供を受けていた鳩山邦夫元総務相からの事情聴取を検討することを決めた。鳩山由紀夫首相は母親からの寄付について国会で「知らなかった」と答弁し、自民党が攻めあぐねているため、弟の邦夫氏の協力で新事実発掘を狙う。この日の党総務会で西田昌司参院議員らが「党政治倫理審査会で邦夫氏から真相を聞き、首相の責任を追及すべきだ」と提案し、大島理森幹事長が検討を約束した。ただ、邦夫氏は首相同様、資金提供問題への関与を「寝耳に水」と否定しており、聴取に応じて自身に不利益な証言をするかどうかが焦点になる。【田所柳子】

【関連ニュース】
通常国会:菅氏、論戦で存在感…首相への質問も答弁
鳩山首相:「起訴されないこと望む」発言を撤回
鳩山首相:「石川議員が起訴されないことを望む」
衆院予算委:首相、議員生命懸ける 自民、詰め甘く
普天間移設:鳩山首相5月決着を強調 官房長官は6月以降

前原国交相ブチっ!町村氏に逆質問で応酬(産経新聞)
デモ参加者に催涙スプレー 容疑の高3「かっとなった」(産経新聞)
全精社協会長、起訴内容認める=補助金不正受給で初公判-大阪地裁(時事通信)
<小沢幹事長>滞在先のホテル 大勢の報道陣が詰め掛ける(毎日新聞)
32歳女性押され転倒、4000円入りバッグ奪われる 大阪(産経新聞)