社民党の重野安正幹事長と国民新党の自見庄三郎幹事長は15日午後、国会内で民主党の高嶋良充筆頭副幹事長と会談し、与党幹事長会談の定例化や与党間の政策協議の場の設置などを申し入れた。また、民主党が「子ども手当法案」や「高校授業料無償化法案」について、公明党との協議を優先させたことに対しても「順序が違う」(重野氏)と苦言を呈した。

【関連記事】
法人税は減税 消費税増税なら社会保障目的税に
安防懇が初会合 どこまで踏み込めるか 課題は山積
亀井氏「国民の相当数いかれてる…国民新を支持せず」
「いい人といい政治家は違う」“迷走”する鳩山首相を批判
菅氏、国民新にいら立ち 「紆余曲折あった」
20年後、日本はありますか?

在宅医療は「医薬分業、開局薬剤師の試金石」(医療介護CBニュース)
<佐賀大>ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
<衆院委>子ども手当法案を可決 高校無償化法案も(毎日新聞)
<もんじゅ>地震での重大な影響なし 原子力安保院作業会合(毎日新聞)
景気判断、上方修正へ=月例報告で8カ月ぶり-政府(時事通信)