沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題で、民主党沖縄県連の喜納昌吉代表は14日、那覇市で記者会見し、平野官房長官が、沖縄本島中部の勝連半島(うるま市)の米軍ホワイトビーチ沖を埋め立てて移設する案を「一番ベター」と考え、埋め立て地に航空自衛隊那覇基地(那覇市)も移す構想を持っていることを明らかにした。

 喜納氏によると、首相官邸で10日に平野長官と会談した際、長官は米軍キャンプ・シュワブ(名護市など)陸上部案、米軍嘉手納基地(嘉手納町など)統合案の2案を有力視せず、勝連半島沖を挙げ、「自衛隊(空自那覇基地)を持っていけば、県民も納得するのではないか」と説明したという。

 普天間飛行場と併せて空自基地も移転することで、県内移設に反対する県民の理解を得ようとする狙いがあるとみられる。

 一方、同県連は14日、那覇市内で定期大会を開き、県外・国外移設を求める決議を全会一致で採択した。

桜危機の吉野守れ、地元・保勝会が住民説明会(読売新聞)
捕鯨船侵入方法など本格聴取=シー・シェパードの容疑者-海保(時事通信)
<雑記帳>カバの「龍馬」、鹿児島へ(毎日新聞)
野生ニホンザル、花粉症で受難 兵庫・淡路島(産経新聞)
シー・シェパード船長逮捕 再発防止「?」 不安消えぬ捕鯨関係者(産経新聞)