2008年9月、成田空港を出発したエアインディア機(ボーイング747-300型、乗客乗員182人)のエンジンが損傷し、破片が落下したトラブルで、運輸安全委員会は29日、低圧タービンの静翼が内壁面からの酸化による腐食で破断し、隣接する動翼などを次々と破壊したことが原因とする調査報告書を公表した。
 エンジンメーカーの米ゼネラル・エレクトリック(GE)は06年6月、航空各社に外側だけでなく内壁面も酸化防止処理した静翼への交換を勧めていたが、時期は定めていなかった。エアインディアは、この部分の整備を同年2月に済ませたばかりで、交換しておらず、安全委は「時期を明確にし、早期の交換を推奨することが望ましかった」とした。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
貨物船、護衛艦の進路で衝突=関門海峡事故の画像公表

「2010年本屋大賞」ノミネート作発表(産経新聞)
鳩山首相、小沢氏23日聴取「その後は考えてない」(産経新聞)
<ボンバルディア機>またトラブルで伊丹空港に引き返す(毎日新聞)
オバマ大統領の訪問実現へ努力=米国での面会を受け-秋葉広島市長(時事通信)
替え玉殺人判決 尹被告「全部うそでしょ」 遺族「真実を」願いかなわず(産経新聞)