阪神タイガースを昨年12月に引退した赤星憲広元選手が理事長を務める少年野球チーム「レッドスターベースボールクラブ」の選手だった少年が、「総監督から暴行を受けた上、強豪高校の入学内定を勝手に辞退され、チームから不当に除名された」として、赤星元選手らに約320万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。浅井隆彦裁判官は「除名処分は違法だが、原告の主張する損害と除名とは因果関係がない」として請求を棄却した。

 暴行について、浅井裁判官は、総監督が少年を1回殴ったと認めたものの、「総監督が謝罪に訪れた際、少年は父親に『水に流せ』と言われて異を唱えず、許した」として賠償責任はないと判断。また、高校の内定取り消しについては「成績が重要な要素で、総監督が自発的に辞退を申し出た証拠はない」と指摘した。

【関連記事】
阪神・藤川俊、自慢の足で猛アピール!
阪神・藤川俊、2盗塁!ポスト赤星アピール
前阪神・赤星氏が燕C訪問、盗塁のコツ伝授
赤星氏の引退試合なし
ポスト赤星狙う韋駄天 阪神・藤川俊介外野手

<集団密航助長>元NPO理事長に逆転無罪…ほう助のみ有罪(毎日新聞)
「兄が無心とは聞いてない」 鳩山邦夫氏(産経新聞)
輸入ワクチンの安全性調査=国立病院機構の600人接種(時事通信)
<ニイウスコー>循環取引に約30社介在 不正隠ぺい狙う?(毎日新聞)
<鳩山邦夫氏>首相が母親に資金提供を求めたかは不明と説明(毎日新聞)