将棋の羽生善治4冠(王将、名人、棋聖、王座)に久保利明棋王が挑戦する第59期王将戦7番勝負の第4局が、17日から松江市のホテル一畑で行われ、18日午後5時36分、74手で後手の久保が勝ち、3勝1敗とした。持ち時間各8時間のうち、残りは羽生39分、久保28分。第5局は3月10、11の両日、和歌山県白浜町のコガノイベイホテルで行われる。 

【関連ニュース】
久保が勝ち2勝1敗=将棋王将戦
将棋の里見が17歳で女流名人
佐藤九段が先勝=将棋棋王戦
最高齢棋士有吉九段が引退へ
羽生が勝ち1勝1敗=将棋王将戦

<TBS>「THE NEWS」打ち切りへ 視聴率伸びず(毎日新聞)
首相動静(2月19日)(時事通信)
1人当たりの医療費 広島52万円 沖縄33万円(産経新聞)
<インサイダー取引容疑>ヤマノHD会長らに課徴金(毎日新聞)
<鳩山首相>「政治とカネ」で小沢幹事長に電話(毎日新聞)