覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた人気アイドルグループ「光GENJI」=解散=の元メンバー赤坂晃被告(36)に対し、千葉地裁は30日、懲役1年6月(求刑懲役2年)の実刑判決を言い渡した。
 新井紅亜礼裁判官は「被告の覚せい剤に対する親和性は顕著で刑事責任は重い」などと指摘。判決言い渡し後、「一世を風靡(ふうび)した元アイドルグループのメンバーに、このような判決を下さねばならないのは残念。地道に努力し、更生することを期待します」と述べた。
 判決によると、赤坂被告は昨年12月28日ごろ、東京都新宿区のビジネスホテルの一室で、若干量の覚せい剤を加熱して気化させ、吸引した。
 赤坂被告は別の同法違反(所持)事件で有罪判決を受け、執行猶予期間中だった。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
大阪府立高教頭を現行犯逮捕=自宅に大麻所持容疑
改正関税法が成立

失業率、横ばいの4.9%=求人倍率は2カ月連続改善-2月(時事通信)
<国東半島>「峰入り行」始まる 天台宗の僧侶ら(毎日新聞)
鳩山事務所リストラ、背景に母の援助切れか(読売新聞)
ロジャー・フエルタ、ライト級トーナメント出場決定/ベラトールFC
<チンパンジー>仲間の視線の先に敏感…京大霊長類研ら発見(毎日新聞)