【ワシントン=佐々木類】米紙ワシントン・ポストは14日付で、核安全保障サミットで最大の敗者は日本の鳩山由紀夫首相だと報じた。最大の勝者は約1時間半にわたり首脳会談を行った中国の胡錦濤国家主席とした。鳩山首相について同紙は、「不運で愚かな日本の首相」と紹介。「鳩山首相はオバマ大統領に2度にわたり、米軍普天間飛行場問題で解決を約束したが、まったくあてにならない」とし、「鳩山さん、あなたは同盟国の首相ではなかったか。核の傘をお忘れか。その上で、まだトヨタを買えというのか。鳩山首相を相手にしたのは、胡主席だけだ」と皮肉った。

5月決着向け協力要請=鳩山首相、米大統領に-党首討論(時事通信)
村木被告「(検事に)腹が立った」と涙 郵便不正公判 第17回詳報(産経新聞)
日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も(産経新聞)
仙谷・枝野両大臣が介護施設を現地視察(医療介護CBニュース)
<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)