三笠宮寛仁さまが5月1~5日の日程で、トルコを公式訪問されることが決まり、16日の閣議で了解された。寛仁さまのトルコ訪問は8回目。
 今年は、1890年にオスマン帝国の軍艦「エルトゥールル号」が和歌山県沖で沈没、住民総出で乗組員を救出した遭難事故から120年目に当たる。寛仁さまはトルコで開催される「2010年トルコにおける日本年」の名誉総裁を務めており、イスタンブールで開かれる式典などに出席する。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

歩道橋事故、元副署長を強制起訴へ=検察官役、制度導入後初-神戸(時事通信)
5月決着なければ退陣を=普天間移設問題で谷垣自民総裁(時事通信)
<谷垣総裁>自民再生の「産みの苦しみ」 離党者問題で(毎日新聞)
<小林市長選>元副市長の肥後氏が初当選 宮崎(毎日新聞)
築地市場の現在地再整備を検討、都が新組織(読売新聞)