大阪府箕面市で3月、不審火が7件相次いだ事件で、別の窃盗事件で起訴された府内の無職の男(24)が一部への関与を認めていることが26日、捜査関係者への取材で分かった。府警は現住建造物等放火容疑などで男から事情を聴き、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 府警によると、不審火は3月16~25日にかけ、箕面市南西部の半径1キロ以内の住宅街で発生。バイクや車のカバーなどが燃えた。

 いずれも未明の発生で火の気のない場所で出火していることから、府警は同一犯の連続放火とみている。

【関連記事】
「ガンプラ」を母親に捨てられ…マニア男、自宅放火
ごく普通の…パチンコ店放火容疑者の素顔
酔うと辺り構わず火をつけ…放火癖デリヘル嬢の素顔
風俗店「じゃじゃ馬」放火 解雇された元従業員逮捕
「生きているのがいやになった」 自宅に放火容疑で逮捕 埼玉・深谷
「裸の王様」次に座るのは…

<四日市南署>留置場の管理ずさん 少年の「携帯使用」問題(毎日新聞)
みどりの式典 天皇、皇后両陛下が出席(毎日新聞)
<稲庭そば>半世紀ぶりに復活 秋田(毎日新聞)
自民・小池氏も離党表明=参院選公認で県連と対立(時事通信)
「事業仕分け」第2弾スタート―行政刷新会議(医療介護CBニュース)