大阪大学は24日、研究室で性交渉を疑われる状況をつくったとして、言語文化研究科の50代の男性准教授を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。元大学院生の女性が「職権を乱用したレイプを受けた」と大学に申告、准教授は「覚えていない」と話しているという。
 阪大によると、准教授は2000年5月、学内で開かれた懇親会の後、当時院生だった女性を研究室に誘った。女性は08年11月、性的暴行を受けたと大学側に手紙で申告。学内調査では暴行の事実は確認されなかったが、阪大は「疑わしい状況をつくり出し、風紀を著しく害した」と判断した。 

【関連ニュース】
82例目の脳死移植へ=9カ月ぶり、20代女性が提供

首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」(産経新聞)
鳩山首相 記者会見をフリー記者らに開放 40人が出席(毎日新聞)
小林氏陣営幹部ら2人を起訴…北教組事件(読売新聞)
普天間移設「われわれは楽観的」 米軍高官、現行案履行に言及(産経新聞)
<参院三重選挙区>自民県連、小野崎氏を擁立(毎日新聞)