ハイチで起きた地震の被災者への医療活動に当たるため、現地入りしていたNPO「徳洲会医療救援隊」(TMAT)第3陣の医師、看護師ら計10人が3日、帰国した。
 成田空港の到着ロビーで取材に応じた全隊長の原野和芳医師(48)は「発生当初に比べ緊急を要する患者の数が減ってきたため撤収を決めた」と話したが、食糧・物資などは行き届いておらず、配給時にはまだ混乱するケースが多いという。
 今後について、原野医師は「インフラ面で徐々に支援していく必要がある。震災以前の病院より高いレベルの医療環境を整えるなど、自立に向けた支援も必要と感じた」と語った。 

【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大、継続審議に(医療介護CBニュース)
消防局職員、痴漢で現行犯逮捕=後つけ、背後から触る-大阪(時事通信)
「帰化で対応を」=外国人参政権付与に反対-亀井担当相(時事通信)
日航のハイチ支援 ツイッター後押し(産経新聞)
本棚倒れた重体事故、再現実験で原因探る(読売新聞)