気象庁は24日、電話の天気予報サービス(番号「177」)の情報が23日に約10時間更新されないトラブルがあったと発表した。大阪管区気象台が防災関係機関などに強風注意報の電文を誤って配信したことが原因という。

 気象庁によると、島根県庁が防災情報システムを改修したことに伴い、大阪管区気象台の職員が23日午前11時過ぎ、同県庁あてにテスト配信する予定だった強風注意報の電文を誤って全国の防災関係機関や気象会社に配信。この誤配信の影響で、NTTに177用の気象情報の電文を配信している日本気象協会のシステムが停止、気象情報が更新されなくなった。

 23日午後9時半ごろに復旧したが、全国の地方気象台などには177の利用者から計約60件の問い合わせがあったという。

【関連ニュース】
座礁船:岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾
野焼き3人死亡:突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m
野焼き:ボランティアの男性3人死亡 静岡・東富士演習場
無人偵察機:実物大模型を日本初公開 東京・大田の展示場
神戸市:震災再開発事業で初の行政代執行

<第二京阪道路>20日に全面開通…国道1号渋滞緩和へ期待(毎日新聞)
小5長男の首絞め重体、容疑の母親逮捕(読売新聞)
震災貸付金264億円焦げ付き 兵庫県が試算(産経新聞)
龍馬の「婚約者」は美人、宇和島藩主のお墨付き(読売新聞)
投票先で「みんなの党」がついに10%(産経新聞)