宗教法人「小牧者訓練会」代表による女性信者乱暴事件で、準強姦(ごうかん)罪に問われた同会代表で「国際福音キリスト教会」主任牧師卞在昌被告(61)の初公判が16日、水戸地裁土浦支部(神田大助裁判長)であり、卞被告は「そんなことはあり得ない。全面的に否認します」と起訴事実を否認、無罪を主張した。 

【関連ニュース】
時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ
知的障害の女性を暴行=施設の元生活支援員逮捕
暴行事件、時効直前にDNA一致=解体業の男起訴
警部を再び懲戒免職=強制わいせつ事件受け
芸能プロ経営者を逮捕=モデル志望女性を暴行容疑

すり未遂容疑で文科省職員逮捕=電車内、「2、3回やった」-警視庁(時事通信)
夫、刺され重傷「別れ話で…」 妻は車に飛び込み重体(産経新聞)
高速新料金法案、政権内で再議論=割引財源から道路建設-前原国交相(時事通信)
狩野探幽の障壁画をデジタル再製 京都・一休寺(産経新聞)
「打倒!! 鳩山政権」保守系地方議員ら決起集会(産経新聞)