わいせつ事件で有罪判決を受け執行猶予中だった統合失調症の長男=当時(33)=を殺害したとして、殺人などの罪に問われた元トラック運転手藤見秀喜被告(63)の控訴審判決が18日、高松高裁で開かれた。長谷川憲一裁判長は、懲役12年とした裁判員裁判による一審徳島地裁判決を支持、被告側控訴を棄却した。
 2日の控訴審第1回公判では、弁護側が被告人質問を求めたが、長谷川裁判長が却下。検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「強盗強姦罪成立しない」と上告=裁判員裁判初の性犯罪
女性社長殺害で無期求刑=49歳男の裁判員裁判
女性社長殺害認める=49歳男の裁判員裁判
男性放置死、2人に懲役23年=強盗致死の裁判員裁判

生方氏解任、党にダメージ=「議論の場つくる」と強調-民主・細野氏(時事通信)
「非正規」男性、結婚に困難=子どもの有無も「正規」と開き-厚労省(時事通信)
<三崎事件>証拠品付着の血液、DNA鑑定へ…再審請求中(毎日新聞)
<外国製自転車>前輪破損で重傷 輸入業者、国に報告せず(毎日新聞)
千葉県で震度3(時事通信)