地域や学校と企業を結ぶ実践キャリア教育講座が21日、大阪府和泉市の桃山学院大学で行われ、「若者を惹(ひ)きつける新聞」をテーマに、同大の学生10人が、3グループに分かれて若者目線で取り組んだ紙面案を発表した。

 若者の活字離れが進む中、木村二郎・経営学部教授(58)が指導し、産経新聞朝刊の全ページの中からトップニュースや写真を選び、延べ約20時間かけて新聞1面のコンテ案を作成。政治よりも、ゴルフの石川遼選手やたばこ税といった身近なニュースを選択したり、大胆なイラストで分かりやすく見せるなど、学生ならではのユニークなアイデアが飛び出した。

 「若者同士の日常会話に出やすいニュースこそ読まれると思い選んだ」と経済学部2年の斎藤遥さん(20)。木村教授は「学生の新聞に対する興味がアップしたのでは…」と期待も込めて話した。

【関連記事】
ネットで生徒が問題を解く過程を分析、ソフトバンクBBとZ会が新たな指導法
大学・大学院の起業家教育 拡充促進へ産学官交流組織
今の日本は「どんな思想にも染まらないのが一番良い」
「時事漫画」原画 新たに105点
機内の新聞配布も中止 日航&全日空、存亡賭けた経費削減

福島県産リンゴを「山形・朝日町産」 台湾でブランド無断使用(河北新報)
<日本新聞協会>「ハッピーニュース」募集(毎日新聞)
子ども手当など61法案を提出へ 通常国会で政府(産経新聞)
山口・防府豪雨から半年 重源教えの湯、再開へ 住民らが石風呂復旧 (産経新聞)
特捜の強制捜査、首相は小沢氏擁護の姿勢(読売新聞)