21日午前8時45分ごろ、大阪(伊丹)発新潟行き日本エアコミューター(JAC)2241便ボンバルディアDHC-8-402機が長野県松本市の上空付近を飛行中、左側エンジンから機内に取り込む外気の気温が高いことを示す警告灯が点灯した。同機は伊丹へ引き返し、約1時間後に通常着陸した。乗員乗客44人にけがはなく、同便と折り返し便は欠航した。

 JACによると、気温は実際には上がっておらず、機器のスイッチの不具合だと分かった。

【関連記事】
JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず
ボンバル機トラブル相次ぐ 中部空港など出発便
ボンバル機胴体着陸で、個人特定できず不起訴 高知地検 
軽微な航空トラブルは411件 国交省まとめ、システム不具合は減少
またボンバル機、不具合で引き返す ANA大阪発新潟行き

大学入試センターの追試験は972人に(産経新聞)
石川議員逮捕「緊急性あった」=記者会見で東京地検(時事通信)
「闘って」発言、問題ない=官房長官-菅氏も擁護(時事通信)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明-衆院予算委(時事通信)
小沢氏、幹事長続投へ 「戦いに専念」、職務は輿石氏が代行(産経新聞)