新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表らは13日午後、国会内で各党の控室を訪れ、結党のあいさつを行った。最初に訪れた民主党では、小沢一郎同党幹事長と新党の与謝野馨共同代表がどちらからともなく、「ひと区切り付いたら碁でも打とう」と持ちかけ、対局を約束。両者の親密さをうかがわせた。
 対照的だったのが自民党。平沼氏は谷垣禎一総裁に結党の趣旨を「民主党打倒ですよ」と説明、連携に期待を示したが、離党届を出した与謝野氏は終始うつむき加減で言葉も交わさず、よそよそしい雰囲気に。
 一方、「第三極」の座をめぐりライバル関係にあるみんなの党へのあいさつでは、党名をやゆした渡辺喜美同党代表に新党の園田博之幹事長が「立ち枯れとか言ってんじゃないよ」とかみつく場面があった。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

村本さん死亡「大変遺憾」=タイ騒乱、沈静化に努力を-鳩山首相(時事通信)
沖縄返還文書訴訟 岡田外相「控訴の可能性」(毎日新聞)
タクシーが50メートル客引きずる=口論の末、殺人未遂で捜査-大阪(時事通信)
学校警備員、継続ピンチ 大阪府の防犯助成終了へ(産経新聞)
<火災>高齢者住宅、入居者同士助け合って避難 1人病院搬送 福岡(毎日新聞)