屋内配線用の電線ケーブルの枝線の受注を巡ってカルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は13日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、住友電工産業電線、古河電気工業が出資する協和電線、富士電線(いずれも大阪)と西日本電線工業組合など十数社の本店、支店など数十カ所を立ち入り検査した。

 公取委はすでに昨年12月、屋内配線用の電線ケーブルの幹線に関して大手業者の住友電気工業や日立電線などが出資する住電ヒタチケーブルやフジクラなど5社を立ち入り検査している。

 今回の立ち入り先は中小企業が主。年間の市場規模は約3千億円。

【関連記事】
大安、仏滅…暦を使って受注調整 高圧電力ケーブル業者が談合、カルテル
公取委が住電日立など5社に立ち入り 屋内用配線ケーブルでカルテル
NTT向け光ケーブルでカルテルか 公取委検査
自動車用電線でカルテルか 公取委が業界数社20数カ所を立ち入り検査 
産業ガスをめぐりカルテルか 大陽日酸など十数社に立ち入り検査

普天間移設で審議官級協議=週明けにもスタート-日米(時事通信)
給与・定員、基本権に併せ検討=仙谷担当相-公務員法案、実質審議入り(時事通信)
<皇室>悠仁さま、お茶の水女子大付属幼稚園に入園(毎日新聞)
【十字路】サル逃げ出した名古屋・東山動物園で改修完成(産経新聞)
元朝青龍の主治医・本田医師1億所得隠し指摘(読売新聞)