茨城県牛久市で95年1月、飲食店兼ホテル経営、松田行雄さん(当時68歳)が自宅で両腕を縛られた状態で見つかり死亡した事件で、強盗致死容疑で逮捕された千葉県内の70代男性3人を不起訴にした水戸地検の処分を不服として、松田さんの長男衛さん(47)が28日付で、水戸検察審査会に審査を申し立てた。事件は発生から15年を経た今月18日に時効が成立したが、3人の中に海外渡航に伴って時効が中断した男性がおり、申し立ては可能とみられる。

 茨城県警は昨年12月、松田さんの両腕を針金で後ろ手に縛るなどして腕時計1個(30万円相当)を奪い、松田さんを死亡させた疑いで3人を逮捕したが、水戸地検が今月15日に嫌疑不十分で不起訴とした。

 3人は毎日新聞の取材に応じ、うち2人が事件への関与を否定したが、1人は「泥棒目的で入った。取り調べでもそう話した」と関与を認めていた。【原田啓之】

【関連ニュース】
牛久強盗致死:水戸地検、男らを不起訴処分…18日で時効
社説:検審初の起訴議決 法廷で真相明らかに
明石歩道橋事故:元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決
西松建設裏金:二階氏秘書を再び不起訴 検審議決受け再捜査も
兵庫・明石の歩道橋事故:検察審起訴議決 「100点満点の内容」喜びかみしめる遺族

路上パソコン族「ストリートコンピューティング」を探し出せ!(産経新聞)
<訃報>小林治雄さん84歳=毎日新聞に「ヒトクチ漫画」(毎日新聞)
周産期医療体制整備指針改正を通知―厚労省(医療介護CBニュース)
ホリエモンが小沢氏聴取を分析(スポーツ報知)
普天間の海外移設、軍の機動性に影響…米駐日大使(読売新聞)