同居中の妹に暴行を加え死なせたとして、広島県警捜査1課と海田署は31日、傷害致死容疑で、広島市安芸区上瀬野南、自営業谷頭健次容疑者(40)と妻由美容疑者(30)を逮捕した。同署によると、2人は容疑を否認し、「納得できない」と話しているという。
 逮捕容疑は昨年7月上旬~昨年8月16日、同居していた由美容疑者の妹で無職前本美津子さん=当時(21)=の顔や体を殴打するなどし、同月20日に外傷性ショックで死なせた疑い。
 同署によると、前本さんは昨年4月から同居していた。同年8月に前本さんが救急搬送された際、治療に当たった病院が傷の状態などから暴行された疑いがあるとみて、警察に通報していた。 

【関連ニュース】
体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕
はり治療後に女性死亡=業過致死容疑で鍼灸院捜索
救急搬送ルールが不可欠=受け入れ拒否問題で
ワクチン接種後に死亡、4例目=主治医は関連否定
生後9カ月の女児死亡=新型インフルに感染

子ども手当「公約通り」=11年度以降満額=鳩山首相・衆院代表質問(時事通信)
忍野村の協力、真意を確認=普天間問題で官房長官(時事通信)
無登録営業容疑 投資顧問会社を家宅捜索 警視庁(毎日新聞)
鳩山首相 施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
初公判傍聴の遺族「絶対許せない」…秋葉原殺傷(読売新聞)