レーザー照射で視力を回復させるレーシック手術大手「神奈川クリニック眼科」を運営する博美会(東京都新宿区)は7日、東京地裁に破産手続きの開始を申請したと発表した。事業は「神戸クリニック」を運営する稜歩会(神戸市)に譲渡し、眼科医院事業は継続する。
 申請は6日付。同眼科は東京、名古屋、大阪、福岡の4カ所にある。博美会は昨年8月、常時行っている値引きを期間限定のように表示したのは景品表示法違反(有利誤認)の恐れがあるとして、公正取引委員会から警告を受けていた。 

【関連ニュース】
関西ア銀、37億円取り立て不能の恐れ=第一石産の破産手続き開始申請で
破産申請、取締役の総意でない=ジオス社長
社長不在のまま記者会見=受講者、従業員考え破産申請
英会話大手ジオスが破産=負債75億円、230校は授業継続
元専務、起訴内容認める=近未来通信投資詐欺

<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
<普天間>「5月超えても交渉」 枝野氏、首相の責任を否定(毎日新聞)
普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調(産経新聞)
「民意はますます反対」=徳之島3町長(時事通信)
普天間移設 首相、一部受け入れ要請 徳之島3町長拒否(毎日新聞)