2004年11月03日

イメージステーション製本が来ましたよ

「イメージステーション」の製本モニターに当選したのは
以前お知らせしましたが、
やっとその本(?)が届きました。

いや〜、しかし、びっくりしましたよ。
これはライブドアBlogの企画で、
抽選で100名のBlogを『イメージステーション』
(オンラインプリントサービス会社)のオリジナルアルバムとして製本してくれるというものでした。


昨日の夕方届いて、興奮しながら封を切りました。
表紙えっ? ひょ、表紙の写真は
台風でバラバラに壊れた
さ、桟橋ぃ〜??? 
そして、この表紙のイラスト。
もう中身を見る楽しみが半減しました。










ページ数は16ページで、
実際に印刷されているのは14ページ分。

印刷されている記事は私が選ぶのでなく、
先方が適当に選んでいるのですが、本当に適当。
表紙に「あげーのしま 奄美 2004年夏」と書いてあるのは、
すべて8月の記事を入れているからのようです。
ただ私のは8月30日からどんどんさかのぼっています。
しかもタイトルと日付が入ってないのもあったり。めちゃくちゃ。

これは機械が自動的に枠に流し込めるようにしているのでしょうか。
ちっとも奄美らしい「海」とか
キレイな風景とか選んで入ってないのです。
なんたって表紙の写真が荒れ果てた桟橋ですからねぇ・・・。


写真あり写真ありのところは写真がいっぱい。








写真なし写真があるなしを気にしてないから、
文字ばっかりのページもあります。






これが『ソニー』のオンラインプリントサービスの会社なんですね・・・。
自分で頼むと2,625円だそうで。
確かに表紙まわりはハードでツヤのあるしっかりとしたつくりですが。
どうなんでしょうね、コレ。

アンケートが同封されていたので、
思ったことをできるだけ素直に書いてみようと思っております。
そのためのモニターですからね。
ここで私たちの意見を反映させて、よりよい製品を作ってくれればいいのですが。
そうだ! イメージステーションのためなんですよ。

ブログを製本できるのは面白いアイデアですよね。
ブログの中で旅行の部分とかペット(ひろみ!)などお気に入りの記事を
ピックアップして製本できたらいい記念になるでしょうね。
お子さんの成長記録だけを製本して、おじいちゃんおばあちゃんに送るとか。

しかーし、いかんせんこのデザイン。
『ソニー』の名があるのですから、もっとかっこいいものにしてほしいです。

みなさんに実物を見ていただけないのが
とっても残念。ほんとに。

あー、
今日は辛口トークになってしまった・・・。





















この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/w_beach/8830908
この記事へのトラックバック
写真集が届いて良かったです。
結果が出ましたね【黄泉[裏]新聞 - 号外】at 2004年11月03日 16:58
先日、当選したイメージステーション製本賞の本が届いた。
本、届く。【[人往高処走、水往低処流]】at 2004年11月03日 19:32
「 鏡みたいなビル 3 」の 記事のところで こっそりとクイズを出題したら、さぼきかさんが見事正解〜 賞品代わりに、さぼきかさんが出題してくれた「お題に」合わせて 写真を撮ることになりました。 お題は、『 秋から冬を感じるひとこま 』 もしくは 『 冬 』。
落ち葉【ゆうみんの謎 ◆ Blog】at 2004年11月04日 21:40
あらためて自分で構成しなおし自費で製本しようと思ったのは私ひとりじゃ無いはずです、、 ご意見、ご感想など歓迎いたします、、
おろかなる者、我が名は Homo sapiens【 A BLUE REPORT】at 2004年11月05日 16:43
この記事へのコメント
 あー面白いですね、このサービスは。
 紙>データという動きとは別に、というか同時にデータ>紙という動きがあるのは、面白いというか、なにかほのぼのとするし、本質的でもあると思いました。

>そして、この表紙のイラスト。
 官公庁の報告書かと思いました。
Posted by lsty at 2004年11月03日 16:39
はまさんこんにちわ。
わーこんなシステムがあるのは初めて知りました。
でも本当にフォントの間隔とか・・いけてない・・。
せっかく紙にするんだからいいもの作りたいですね。

lsty さんの
>官公庁の報告書かと思いました。
には笑ってしまいました。
Posted by matsy at 2004年11月03日 19:37
私が言いたかったことを上手にはまさんが言ってくれました。
ホントすっごい出来に驚きました。
「体裁よく」という言葉を全く無視したレイアウト。
世界のソニーさんがすることかと驚きましたよ。
ペラペラッと見ただけで、まだしっかり見てませんっていうか、
あまりの出来の悪さに見る気にもならず・・・。
明日、友だちに見せるんだけど、この本=ブログだと思われないように、
説明しないといけなさそう・・・(>_<)

とにかく、この本の出来は実際に手にとって見てみないとわかりませんよね。
私の表紙だって、コンビニに売ってるコーヒー牛乳ですよ。
夏の思い出でも何んでもないっちゅーの。
きっと、まだ始めたばっかりで、これから素晴らしいものになっていくんでしょう。
そのためにも当選した私たちが素直な意見を伝えたらいいと思いますよね。
とりあえず、よい記念にはなりましたよね☆
Posted by はこ at 2004年11月03日 19:45
はまさん!

やっと届きましたか?
でもやはり、ブログを作った方に一言、なにが良いのかを聞いくれても良いですね。
オンラインで便利なサービスは一杯あるけど、何でもオンライン化するわけに行かないですね。

さて、前回のお返事です:
私はお店を持つことが夢ではなくて、「都会っぽいところに住まない」あるいは「自然に近いところに住みたい」が夢です。
都会と自然の両方で経験があるので、やはり自然が良いです。
人々ももっと暖かいしね。

Posted by sky at 2004年11月04日 00:28
他の人もみんな同じ表紙のデザインなのね〜
夏だからといって。。。
今ひとつなデザインだわ。

それにしても壊れた桟橋はひどいよねー
何だかこれは運としか言いようがないところが問題だわ。
お金を払うとなったらその辺は改善されるのでしょうが。

それにしてもこの表紙のデザイン、いっそのこと絵がないほうが素敵よね。
Posted by さゆた at 2004年11月04日 06:43
このセンスのなさに乾杯!笑いとばしちゃいましょ〜。(^○^);;;

はまさん、あ〜とえ〜と 慰める言葉いうべきなんだろうけど
とにかく、なかったものが作られただけでもいいじゃないですか。
ブログを有料で本にするってとこは結構ありますよ。
でもこれはただだし〜。

10年たてば、いい想い出ですって。ふふふふふ
10年後にも、毎年夏になるたびに「こんな酷いの作って〜」って手に取るのもいいかも〜。(笑)

わたしにとっては、この本の話題がきっかけで
この「あげーのしま 奄美」を知ったわけで
それだけでも嬉しい企画でした。
Posted by pyo at 2004年11月04日 09:07
追記。
この本の感想を書いたこのページ、
印刷して最終ページに貼っとくのもいいかも〜。
Posted by pyo at 2004年11月04日 09:09
       <lstyさんへ>
そうですね。やはり紙媒体として残したいという気持ちをもつ人は
多いような気がします。私も紙媒体がデータより落ち着きます。

確かに官公庁の「○○白書」みたいですね。思わず笑ってしまいました。




       <matsyさんへ>
ようこそ、いらっしゃいました。

そちらでグラフィックを専攻予定ってありましたよね。
日本ではデザイン関係のお仕事をされていたのかなとか思いました。
記事部分の日付とタイトルは全部同じフォントで級数も同じ、
メリハリがなく、行間のピッチも詰まりすぎていて見づらいです。
なんかワープロで印字しましたって感じだし(また辛口になってしまった)。
期待して注文してお金払ってこれだと、かなりツライと思います。




       <はこさんへ>
なんか他の当選者の方の感想を見ると
素直に喜んでいる方が多いので、こんなに文句を書いていいのかと思いましたが
どうにも抑えきれずにブログに書いてしまいました(笑)。
だって、ねー、ひどいですもん。
他の方も、たまたま書いた悲惨なできごとやどうでもいいようなことの写真が
表紙になっているみたいで、ある意味笑えました。
せめて表紙ぐらいタイトルテーマに沿った物は選べなかったのかと。

いろいろな意味でいい記念になりましたね。




       <skyさんへ>
有料でこのサービスを利用する場合は
自分の好きなように写真を使ったりできるんでしょうけど、
なにせこれはモニターなので、とりあえず形にしたみたいな感じです。

やはり自然がたくさんあるところに住むのはいいですよね。
たまに都会へ買い物にいければそれで充分です。
人の多いところはもう受け付けなくなっています・・・。




         <さゆたさんへ> 
奄美だから貝殻なの?と思ったら、どの人も同じでした!
たしかに貝殻ないほうがすっきりして、まだいいかもしれませんね〜。
普通に注文する場合は2600円ほどとるのだから、
きっといろいろこちらの希望通りにできるんでしょうね。

桟橋は壊れていて、海もまだ荒れていてひどい色なんですよ。
一番選んでほしくない写真になったって感じです。





          <pyoさんへ>
たしかにこのモニターに当選したからpyoさんと出会えたわけで、
それは感謝しなくてはいけませんね〜。
不幸中の幸いというか。
どんな状況下でも楽しいことを見つけなくちゃいけませんね。

うちの相方にこれを見せたら、
まず表紙で大爆笑。いままでに見たことないほどの笑い方でした・・・。

この感想ページを貼っておくってアイデアはいいですね!
10年経たなくてもいいネタになりそうです。



















   







 


Posted by はま at 2004年11月04日 16:32
初めまして(笑)
黄泉さんのブログから来ました。

私もイメージステーションの本が届いたんですが、はまさんと同じように
ビックリするような表紙でした(笑)
私の場合はもう、笑いのネタにしちゃいましたけどw
うちでは そのおかげで友達も増えて、結果オーライになりました〜

トラックバックさせて頂きます<( _ _ )>
Posted by ゆうみん at 2004年11月04日 21:40
自分で選んで作れるのなら素敵なものが作れそうですね。でもおまかせだとちょっと、って感じですね。
Posted by murozo at 2004年11月04日 23:54
うちには届いているのか心配です・・・。
Posted by じゅん at 2004年11月05日 03:11
      <ゆうみんさんへ>
いらっしゃいませ〜。トラックバック&コメントありがとうございます。
あの製本を手にされて、ビックリするような表紙ということは
もうそれだけで親近感がわきますね(笑)。
私も笑いにするしかないようです・・・・。が、がんばりますね。
でもあの本を手にするたびに、まだちょっとブルーになります(笑)。




      <murozoさんへ>
そうですよね〜、自分で選べればまだ納得いくんでしょうけども・・・。
使い方によっては面白いとメディアの形だと思うので、
利用者は増えるかもしれませんね。



   
      <じゅんさんへ>
届いているでしょ。
あそこまで騒動になったんだから、そのへんはちゃんとしているはず!















Posted by はま at 2004年11月05日 23:49