2004年11月06日

私も奄美の案内人?

講義風景『奄美ミュージアム人材育成事業』にいってまいりました。
前回はハブと島唄、そして加計呂麻島ウォーキングと
とっても興味深い内容だったのに、
法事のため四国へ行っていて泣く泣く欠席。

今回のテーマは「歴史」と「環境」でした。
ちなみにこの講座はサブタイトルに
"奄美自然・文化インストラクター養成塾"とあります。

年に4回の講座で、奄美についての様々なことを学び
"奄美の案内人"になろう!というもの。
初回はこんな感じでした


今回の講座では、
まず郷土史家の山下文武さんによる「奄美の近世史」。

砂糖伝来についての説、系図差出令、文仁演くずれについて
お話してくださいました。

私としては最後の項目である
家人("農奴"制度)のことが気になっていたのですが、
ちょうど時間がなくなってしまい、
講師の山下さんも「みなさん、ヤンチュについてはよくご存知でしょうから・・・」と割愛されてしまいました。残念。 


奄美は琉球や薩摩藩から支配され、
人々の暮らしはとても厳しく、複雑な歴史を送ってきています。
奄美を理解するにはここをきちんと抑えてないといけないので、
このへんはもっと自分でいろいろ勉強しないといけないなと思っております。


続いては、
鹿児島県環境技術協会の米沢俊彦さんによる
「奄美大島の河川生物」。

特にリュウキュウアユについて詳しくその生態などを教えてくださいました。
リュウキュウアユという名が付いた時には、
すでに沖縄では絶滅。

いまでは奄美の水生生物を象徴し、絶滅が危惧されている生き物だそう。

「そんなリュウキュウアユを守ることは、
奄美の自然環境を保っていくことになる」。
はい、今の奄美にとって重要な使命ですよね。

この米沢さんは年間100日、
鹿児島本土から奄美大島へ来て、
河川の生物について調査をしていらっしゃるとのこと。
研究者として奄美はとても面白いフィールドでしょうね。

私も「虫は苦手」なんて言っていないで、共存の道を探さねばなりません。
虫がいなくなったら、奄美の自然は壊れているのだから。




この講義は毎回アンケートをとっているのですが、
「今後テーマに取り上げてほしいこと」という項目があるので、
私はいくつか気になっていることをつらね、
今回は最後にさりげなく『ヤギ』と書いてみました。

奄美の歴史でヤギも重要な役割をしているはず。



と、思っていたら相方は毎回、

『家畜について(特にヤギなど)』と記入しているらしいです・・・。











この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/w_beach/8939366
この記事へのトラックバック
島に帰ってきた日の夜に 奄美ミュージアム人材育成講座を受講してきた。 これは奄
奄美の自然・文化人材育成講座【海辺のさんぽCafe】at 2004年11月06日 05:22
この記事へのコメント
さすが!
お二人でアンケートに「ヤギ」と書くとは!
なんだかおかしいです。
確かに、「ヤギは何時どこから島に導入されたのか?」
「何故、ヤギが島の食材としてこれほど重要なのか?」
「島とヤギ」については疑問も沢山ありますね。
でも、解説する専門家がいないのかも。
ぜひ、お二人でヤギ博士を目指して下さい!
Posted by taiga at 2004年11月06日 05:40
濃奴の話、わたしも興味あります〜。
奄美の方々の苗字が1文字なのも、そのあたりに関係あるとか?
実は私の父方の苗字も1文字でして…それだけで奄美出身とわかっちゃうといわれた事があるんです。
Posted by pyo at 2004年11月06日 08:34
おっと、ごめんなさい、誤字。
濃くてどーする…農奴ですね。^^;
Posted by pyo at 2004年11月06日 08:35
ひろみちゃんの祖先について知るのも楽しそうですね。。。意外な発見あるかも〜♪
Posted by じゅん at 2004年11月06日 11:21
     <taigaさんへ>
トラックバックもありがとうございます。
ヤギについての講義、taigaさんも聞いてみたいですよね?
次回のアンケートにはそう記入してください。
そうしたら実現するかもしれませんよ。
taigaさんもヤギ博士目指しましょうよ! 日本初カヤックヤギ育成。



 
    <pyoさんへ>
一文字姓についてはこれまた興味深いですよね。
いつかそのことについても書こうと思いつつ、まだ触れないまま・・・。
確かに一文字姓は奄美独特ですよね。
勉強せねば!

はい、沖縄も濃いけど、奄美の歴史も濃いですよね(笑)!




       <じゅんさんへ>
いつの時代か誰かが連れてきたわけで、
どうやってこれだけヤギ文化が広まったか興味ありますよ。
鹿児島本土ではヤギ文化はないからね〜。








Posted by はま at 2004年11月06日 20:08
ヤギと言えばシマって放し飼い(野生化?)したヤギって結構多いですよね。
小笠原や尖閣諸島魚釣島では野生化ヤギの問題がかなり深刻みたいですけど・・
いずれも無人島での話しみたいだけど。シマは大丈夫なんかなー。
東京都みたいに問題になってから大量駆除ってな事にならなきゃいいけど・・
悪いのは放ったらかす人間の方なんですけどねー。
Posted by たっく兄ちゃん at 2004年11月06日 20:37
東京のヤギの駆除のニュース見ました。
捕獲から逃げ惑うヤギの鳴声に胸が締め付けられました。
人間が連れて行って、そして残して島から出ていったがために大量に繁殖してしまって問題になるなんて・・・。
奄美もそういうことにならないでほしいです。
島にいる野生のヤギの個体数調査とか必要かもしれませんね。
Posted by はま at 2004年11月07日 14:59
岩田商店で、喜界島の土産品が買えます。
http://www.h4.dion.ne.jp/~iwatasyo/
Posted by 喜界 at 2005年01月16日 21:57