10月20日(土)の練習

《参加者》
ソプラノ4/アルト10/テナー3/ベース4 計22名
ご指導はKさん、ピアニストはYか先生
本番間近になってきて、指揮者不在時にKさんが来て下さるのは本当に嬉しい&ありがたいです

《発声練習》
・ハミング
・レガートなど

《合わせ練習》
1ステの練習
「Ave Maria」
・柔らかい声で、最初の音を大切に歌い出しましょう
・ハーモニーがしっかりしないところが最後の「Amen」も含めて数カ所。聴き合って
「Hallelujah」
「Dies Irae」」
・男声の声がよく出ています全体的にも出ていますが・・・
「流浪の民」
・強弱を意識するのと、リズム(テンポ)について行くように
・B部分はだんだん強くなるように(最初から飛ばさないように)
・ソロ終了後の「なれし~」はしっかり入るように
アンコール2の練習
2ステの練習
「時代」「慕情」「糸」「地上の星」を通して
・楽譜上の移動が多いですが慌てないで歌って慣れましょう
・どの曲も出だしをしっかりと
アンコール1の練習
・集中して歌えていて良いです
・十六分音符の多いところは今はまだ少し焦り気味なので、自然に言葉が出るように何回も練習していくと良いですね~だんだん良くなってきましたよとKさん
最後にもう一度アンコール1を歌って終了~

お疲れ様でした。
男声に新しい方が加わったことで皆さん張り切っているよう声もとてもよく出ています
その分、「大声大会」にならないように気をつけ、基本である「お互い聴き合う」ことを心がけましょう。
とはいえ、本番が近くなってきて皆さんの集中力も高まってきていますし、歌声も20数名とは思えないくらいの迫力が付いてきました。これも今までの皆さんの練習の積み重ねのおかげです
上り調子で来ていますので、この状態をキープしていきましょう。体調管理も宜しくです
次回から3回連続で常任指揮者Rの練習になります。
10月24日(水)は主に1ステと3ステ、そしてアンコール曲の練習をしていきます。
また札幌からアルトが一人練習に参加する予定です


【うたの寺子屋も絶賛開校中】~ご利用ください
10月25日(木)午後2時&7時
10月26日(金)午後2時
10月29日(月)午後時&7時
10月30日(火)午後2時
※25日の午後2時&7時と、29日の午後7時からは開校決定
 25日の2時は札幌のアルトさんも一緒です。


10月17日(水)の練習

《参加者》
ソプラノ5/アルト8/テナー3/ベース4 計20名
ご指導はKさん、ピアニストはSか先生

《発声練習》
・ハミング
・上から下への発声練習
・スタッカート
・飛ばすように~イーヤーマニー

《合わせ練習》~2ステ&1ステ中心
「時代」
・修正「えがおにはー」のリズム
・アルト&ベースの主旋律~リズムに乗って遅れないように
・最後のユニゾンにその前の旋律が繋がるように(音ではなく流れ・勢い)また、「きょうは」遅れないように
「慕情」
・2番の入りを揃えて(女声)~ゆったりしたテンポでも遅れないように
・伸ばすところはしっかり拍分、伸ばす
・男声による「甘えては~」は力を抜いて軽く歌うように
「糸」
・最後の「woo」、男声の音を確認
・ユニゾンはお互い聴き合ってしっかり揃えて
・リズムに乗り、漫然とならないように
「地上の星」
・入りの練習
・飛ぶところの確認
「Ave Maria」
・最後の和音は安定させて伸ばすように
「Hallelujah」
・支えて歌うように
・慣れてきてよく歌えています
「Dies Irae」
・リズムと言葉をしっかり出すために、2回リズム読みしてから歌う
・男声58小節目以降(cuncta stricte)の音が弱くなってしまうので、確認。
・通して歌ってKさんから拍手
「流浪の民」
・ソロ部分(特に男声)の音程&遅くならない・・・を練習
・全体~通して歌う
※次回、通し練習します

お疲れ様でした。土日の集中練習を受けての練習でした。指揮者不在でしたが、Kさんが来て下さって嬉しいですね 1ステ2ステの曲を見て下さって、指揮者とは違った視点でアドバイスがあったと思いますので、どうぞ大事にしてください
本番に近くなり、どの曲も仕上げの段階になってきました。練習を重ねるたびにステップアップしていっていますから、この調子で頑張って行きましょう
次回の練習は10月20日(土)です。ご指導はKさんです。
今回同様に1ステ2ステの他、アンコール曲の練習になります

10月14日(日)集中練習2日目!

《参加者》
ソプラノ8/アルト11/テナー4/ベース4 計27名
札幌のNVのアルト(通称・うさぎさん)が参加して 計28名(今年最高人数)
常任指揮者RとピアニストはSか先生

《発声練習》
・ハミング
・レガート
・スタッカート
・リズム感を養う

《合わせ練習》
今回は1ステ「音楽史を訪ねて」と3ステ「海鳥の詩」とアンコール曲を集中的に練習
「アンコール2」~前日出来なかったので~
・仕上がりに向かっています
・今後は歌詩をはっきりと歌うことを心がけましょう
「Ave Maria」
・「u」の発音は限りなく「o」に近く
 特に「tui」の「tu」、「dominus」の「nus」など
・フレーズの終わりはしっかりと指揮を見て必ず揃えて。特に語尾が「s」の場合
・「r」は巻き舌で(出来る人で結構です)
「Hallelujah」
・仕上がりに向かっています
・「For the Lord~」や「And He shall~」の旋律が来た場合は張り切って歌いましょう
「Dies Irae」
・しっかりとラテン語を歌うこと絶対に曖昧に発音しないように心がけて(絶対出来ます
・全体的には聴き応えのある合唱になってきています。自信を持って歌って下さい。
・ベースの見せ処「Quantus tremor~」はガッチリとフォルテで。
「流浪の民」
・ソロが揃っての練習になりました
・これも仕上げの段階に入ってきています

午前の最後に「海鳥の詩」全曲通し&「アンコール1」
「海鳥の詩」は午後から1曲ずつ復習していきました

「オロロン鳥」
・出だし、だんだん速くなるところなど、全体的によくなりましたね
・今後は「子音」を意識して歌いましょう
「エトピリカ」
・テンポにだんだん慣れてきましたが、「オホーツク オホーツク」「ふるわせ ふるわせ」のテンポが遅くなるので気をつけて(アルト&ベース)
「海鵜」
・しっとり&しっかりと歌えています
・最後のアルトは大役です特にアルト1の音程は少しでも下がると希望の光が差し込む「長調」から、モヤモヤする「短調」になってしまうので、音程高めで。「きく」の「き」から高めに明るく、地声にならないように。
「北の海鳥」
・速めの3拍子にだんだん馴染んできた感があります。でもまだまだ遅れ気味ですので周りをよく聴いて。
・「ゆきをいだく」の入り方を変えました。楽譜に忠実です。指揮をよく見て。
・ソプラノ1の最後の「アー」(A音)は音程を確実に結構伸ばしますよ~

ダメだしで「アンコール1」
・この曲はとにかく何回も歌うことです。歌う回数が多ければ多いほど仕上がりに向かいます「出来ない」と自分で決めつけないで、ぶつかっていきましょう実際に、上達はどの曲よりも早いです

お疲れ様でした~~~
午前10時から午後3時半までみっちりと練習をしました。今回は札幌の合唱団ノースボイスのアルトが参加してくれての練習でした(もう一人は24日に参加します)
参加人数が多くて指揮者としてはホッとしています。あとは暗譜するくらい歌い倒しで(笑)本番では余裕が持てるようにしたいですね。
今回の定演ではクラシック系のステージがあるので、ラテン語や英語の曲があります。その手の曲が苦手な方は大変かもしれませんが、何度も歌詩をリズム読みすること&歌うことで必ずしっかりとした発音で歌うことが出来ます
13日14日とまとまった時間でこのように集中練習出来たことは、定演に向けての大きな一歩だと思います。たくさんのご参加ありがとうございました。7月くらいから毎回の練習の参加人数が少なくて、正直心配でした。「もし集中練習も20名とか19名だったらどうしよう」と思っていたのですが、26名28名とほぼ全員に近い状態だったのでホッとしました。また、練習も皆さんの集中力が高かったと思います 歌っている間の顔もだんだん上がってきていますし、練習中の私語もなくスムーズに練習が進みました。心から感謝です
今後の練習は17日20日24日27日31日3日までが「風~るわっかない」で、7日からは文化センターになります。まだまだ練習する時間がありますので、その中で更に磨きをかけていきましょう
次回の練習は10月17日(水)です。Kさんが来て下さいますその次の20日(土)も来ていただいての練習で、内容は1ステ&2ステとアンコール曲です。
寒くなってきました。どうぞ健康には留意してくださいね

プロフィール

w_frauen_chor

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ