【番外編】男声合唱団ぽえむの練習~幼稚園ホール最後の練習

いつもの会場~幼稚園ホールでの最後の練習となりました

11月16日(金)午後7時~
トップテナー3/セカンドテナー2/バリトン2/ベース2 計9名

「涙くんさよなら」
「柳河」
「あゝ人生に涙あり」
「夜のうた」
〆は「いざ立て戦人よ」の順で練習

「涙くんさよなら」
・ほぼハーモニーは安定してきたので、主旋律を主役にするようにお互い聴き合うことを提案。ほとんどトップテナーが主旋律を歌っているので、他のパートはそれより飛び出さないように気をつけて歌いましょう。
・歌詩をしっかりだしましょう。子音を丁寧に歌うことで歌詩がはっきりしてきますし、メリハリも出ます。
「柳河」
・これも安定してきましたねよい感じです。
・出だしの予備拍は2つで振りますので、ブレスをしっかり整えて、出だしは強めに堂々と。
・ソロの後の「あざみの~」の入りは、バリトン&ベースはしっかり指揮を見て。強め&テンポを戻して。
・「うらのBANKOに~」は膨らませるようにして。2小節でのブレスは極力避けて。
・「みずにうつった~」はこの曲のもう一つの聴かせどころ(も一つは「なみだかたてにくくるのじゃ」)です。なので同じ動きをする上3声はしっかり足並みを揃え、別の動きをするベースはどっしりと歌いましょう。
・その後の「あかいけいとで」の動きは良くなりました。2小節毎だんだんと歌声も気持ちも高めていきましょう。
・その勢いで再び出てくる「もうしもうし」は堂々と。「たびのひとたびのひと」ではブレス無しで(遅れるので)歌いきって(流れを止めないで)
・2回目のソロの時、ハミングチームは温かい気持ちで歌って下さい。声はまっすぐ、揺らさないで。
・「あしたてんきになれ」はどんどんクレッシェンドして幅広く終わりましょう。
「あゝ人生に涙あり」
・マルカートが少し甘くなるので気をつけて。「ふみしめて」「さああるけ」「かおあげて」もしっかりと音を1つ1つ区切れを入れて。
・転調後の4番が一番強くなりますので、転調した勢いそのままで高らかに歌いましょう
「夜のうた」
・これもとっても良い感じで歌えています。セカンドテナーはもう少し自己主張してもOK。特に「くらいー」の伸ばした音はトップテナーと張り合うくらい。
・主旋律を出しましょう。なので他のパートははみ出ないようによく聴き合って。
・暗譜、頑張ってますね良いことです
「いざ立て戦人よ」
・今回の練習の〆 見事です圧巻です

お疲れ様でした。
今年のぽえむの最後の練習でした(幼稚園ホールでの)
4月9日の総決起集会@菜好からスタートして、毎月2回間際に4回と地道に練習を重ねてきました。その成果が今花開こうとしています。今思えば、ここまで来るのにいろいろあったなぁと感慨深いものがありますね。参加者が5名とかで「これ、大丈夫なの?この人数でも練習する?」と思ったこともありました。今では笑い話ですが、そういう本当に地道に活動を続けていくことで土台がだんだん出来てきて、今に繋がりました(でも来年もこんなんだったらちょっと考えるなーby指揮者)。皆さん、本当にありがとうございました
男声合唱の響きを少しずつ体得してきた皆さんが今後、その魅力をどんどん拡散していってほしいです。その貴重な場所が11月18日(日)のSO-YA夢コール合同合唱祭です是非是非、皆さんの歌声を大ホール中に響かせて下さい
また、嬉しいことに旭川や利尻からも仲間が来て下さいます 感謝です気持ちを一つにして本番、頑張りましょう

11月17日(土)は前日リハーサルです。稚内総合文化センター大ホールにて、20時より練習します。その前には18時半よりフラウエンコールが練習しています。兼任している方はちょっと長丁場になりますが、どうぞ宜しくお願いします
ちらほら雪が舞っています(17日午前中)寒さ対策をしましょうね体調を整えて臨みましょう

第33回 定期演奏会 開演!!

2018年11月11日(日)午後2時開演しました、私たちの1年間の成果の発表の場である定演
心配された天気は開演1時間くらい前にあられ?ひょう?のようなものが降りましたが、大して荒れずホッと。

「輝くものを追って」というテーマのもと、全員が熱演しました
本番直前、舞台袖で全員輪になって手をつなぎ、「練習は裏切りません!フラウエンばんざーい」みんなで手を挙げて、気持ちを高めていきました
001
第1部は「音楽史を訪ねて」
 中学校の音楽の授業をイメージして、曲の間に「先生と生徒」の会話を挟んでみました。
※声は先生役はアルト1のK原さん、生徒役はソプラノのMじぃちゃん。ビックリするくらいハマっていましたよ
「音楽史」ということで、「ルネサンス」「バロック」「古典派」「ロマン派」の時代の各曲を演奏。
・ルネサンス~アルカデルトの「Ave Maria」
・バロック~ヘンデルの「Hallelujah」
・古典派~モーツァルトの「Dies Irae」(レクイエムより)
・ロマン派~「流浪の民」
選曲のポイントは「一般市民が知っている曲」「定演アンケートに書かれていた曲」「知ってもらいたい曲」です。
「Hallelujah」は過去に演奏していますがいまだに根強い人気がありますし、「流浪の民」は定演観客アンケートでは常連でした。「Dies Irae」については、今は残念ながら放映されていませんが、「ロト6」のキメのBGMで長い間流れていましたし、フラウエンコールの性格にピッタリでした。
悩んだのが「ルネサンス」期の選曲。合唱愛好家でない限り、あまり一般には知られていない時代かと思います。そこで苦肉の策でアルカデルトの「Ave Maria」に。アルカデルトご本人はその時代ですが、合唱曲としての「Ave Maria」は19世紀に作られたものです。ただ、一般に「アルカデルトのAve Maria」と呼ばれることから、ここはそれで押し通させてもらいました。

さて、本番の様子ですが・・・
これがちょっとビックリするくらいの集中力で
「Ave Maria」
・アカペラの響きが会場に広がりました。安定したハーモニーと、団員の柔らかな表情がとても良かったです
・最後の最後まで緊張感がありました。切ったときの残響が心地よく響いていましたね。
「Hallelujah」
・1曲目とは変わって華やかなピアノのイントロは始まって、第一声の「Hallelujah!」は素晴らしかったです実は数年前にも定演で演奏していて、その後も何回か人前で演奏しているはずなのですが、しっくりと来ていませんでした。が、今回の演奏で見事に花開いたという感じでした。
・各パートがバラバラと入っていく場所はほぼ確実に歌えていました
・「The Kingdom of this world」からが妙に遅くなっていましたが、本番では見事に修正
・演奏終わってからの拍手が凄かった
「Dies Irae」
・譜読みに苦労した曲で、特にテナーは高音が続きますし、テンポが速いのでラテン語の歌詩をスラスラ歌えるようになるまでは大変だったようです。が、本番はむしろノリノリだったような演奏になりました。
・特にテナーは本当に頑張りましたアルトにも手伝ってもらいながら、本番は6名で歌いきりました
・このように迫力のある曲はフラウエンにとっては得意(と思っているのです)ですね。さすがです。
「流浪の民」
・我が団にはKさんという素晴らしいソプラノ歌手がいます。そして団内にはソリストを務められる団員がいますソプラノ~Kさん、アルト~doji子さん、テナー~Sさん、ベース~S本御大で美声を披露。練習中は何故かテンポが遅くなったり、ハモりに不安があったりとしましたが、本番はバッチリでした
・ベースから始まる「もゆる~」部分がどうしても遅くなっていましたが、本番ではしっかり修正
・もう少しレガートで全体を歌えば良かったかなと反省(指揮者談)

幕間~Yか先生による「Baby,God bless you
 ドラマ「コウノドリ」の主題歌ですね 優しいメロディが会場に広がりました。
その合間に女声はグレーブラウスからピンクのブラウスへチェンジ

第2部は「中島みゆきの世界」と題して4曲を演奏。
選曲にあたっては、まず楽譜が存在するものを調べて、そこからPLさんにお願いして団員アンケートを実施しました。どの曲も、団員それぞれに思い入れがあるのか、本番も素晴らしい出来にちょっと近年に無いくらいの演奏になりました
「時代」
・この曲は過去にも演奏しました(We Love 北海道というステージで)が、その時に比べると見違えるくらいの出来になりましたまずはリズムがきっちりと修正そしてスケールも更にアップアルト&ベースさん、とっても頑張りました。
「慕情」
・今シーズンの最初あたりに練習し始めた曲で、ドラマ「やすらぎの郷」でお馴染みの曲。やはりみゆきさんの曲は歌詩が素晴らしいですよね。特にこの詩は心を動かされた団員は多いはずです。また、練習中の笑い話ですが、「甘えてはいけない」とか「まちがえるな」という歌詩があり、しかも男声が歌うところなんですが、練習中、叱咤激励用に活用させていただきました(笑)
「糸」
・この曲は最後の最後まで、ちょっとしたリズムに苦労しました(たーてのいとは)本番はかなり良かったと思います。
・この曲も冒頭女声のユニゾンから始まる曲で緊張するところですが、歌う女声陣の自然な身体の揺らぎが出ていて、とっても雰囲気よく音程良く歌えていたと思います。「そんないとが~」の女声のハモりもバッチリ
「地上の星」
・中島みゆきならではのダイナミックな曲。団員はノリノリで歌っていましたね
・この曲では楽譜のめくりで不安なところがあったのですが、練習中に団員同士助け合っていて、本番では大丈夫だったようですね。

休憩10分
013
012

第3部は混声合唱組曲「海鳥の詩」
 この曲が今年のメインです。過去にも数回演奏しているようですが、全曲演奏は初めてかと思います。選曲の理由は団員からのリクエストと、観客アンケートのリクエストからです。早いうちに練習に取り組みましたが、なかなか骨太な曲で全体的に考えると苦労したかと思います。廣瀬量平ならでは少し陰りがありながらも心に入り込んでくるハーモニー、ピアノの旋律の美しさを表現するべく、1年間頑張って練習してきました。
「オロロン鳥」
・練習ではピアノ伴奏と女声のテンポ感が合わず少しばらつきが見えていましたが、本番ではそれがかなり解消していたようです。スゴイ集中していましたね。
・指揮者の痛恨のミスがあり、入りがバラバラになってしまって申し訳ないです(きりぎしの~)
「エトピリカ」
・迫力満点の演奏になりました。そのせいでしょうかプログラムに「曲間の拍手はご遠慮下さい」と記載したにもかかわらず、この曲の直後だけ拍手が来ました。
・ベースの「くろぐろと~」はホッとしましたね練習は裏切りませんよ
「海鵜」
・ゲネプロではテンポ設定に苦しんでいる様子が見える演奏だったので、リハーサルから注意し、本番も落ち着いて演奏出来たと思います。
・この曲が好きな団員が多いこともあり、じっくりと歌えていたと思います
「北の海鳥」
・最後までハラハラした曲です。過去の演奏ではこの曲はカットされていましたので、この曲を演奏することで完全演奏になりました。テンポが次々と変わり、最後は圧巻のフィナーレで終わるのですが、最終曲にも関わらず見事に歌い上げました。特にソプラノは最高音A音の絶叫で終わるので、会場が音圧に包まれます。他のパートも歌いやすい音域の音なので切ったときの残響が響き渡ったのは感動モノでしたね。
009

アンコールはなんと安室奈美恵の「Hero」が1曲目で、終わりはやはり中島みゆきの「麦の唄」
設定理由は、なんとか流行りの歌を入れたいというのと、安室ちゃんが9/15に引退してしまったこと、今年で終わる平成を駆け抜けたアーティストだからです。楽譜もNHK全国学校音楽コンクール(Nコン)で演奏されているので入手できたのですが、びっくりするくらい音符が小さくて、しかもフラウエンコールにとって鬼門のリズムがめちゃめちゃ難しいNコンでは高校生が歌っていたので大丈夫ですが、果たしてフラウエンに
 練習はとてもハードだったと思います。苦労したと思います。そんな中、本番1ヶ月前くらいからめきめきと調子を上げていき本番に見事に歌いきりました特にアルト&テナー、そしてベースの皆さん、本当にお疲れ様でした。バッチリでしたよ~~
2曲目の「麦の唄」は、思い出の曲ということで。今年の5月に急に舞い込んできた音楽番組の公開収録出演。NHK BSプレミアムの「新・BS日本のうた」で歌手の水森かおりさんのバックコーラスを務めたのがこの曲でした。今回はフラウエンコールが主役になって演奏。最後まで気持ちよく歌いきりました

アンコールを含め、全14曲を演奏しました
今年はテンポの速い曲やリズムの難しい曲に苦労しましたが、何度も練習することで克服してきました。また、歌詩がラテン語や英語で聴く方にはわからない曲であっても、そのハーモニーの美しさや音楽性の素晴らしさを団員の声でしっかり表現できていたと思います。その一方、日本語の歌詩の曲でも詩の内容を団員が理解し共感しながら歌っていたと思います。
団員減で毎回の練習参加人数が少なめにも関わらず、このように素晴らしい演奏になったのは、団員全員が頑張って1年間練習してきた賜物です

その後の観客アンケートでは好意的な意見が多かったようです
合唱組曲はあまり一般市民には知られてないのですが、「海鳥を通して人間の生き方を考えさせられる演奏でした」といったご感想をいただいております。フラウエンコールの演奏を聴くことにより、その作品に触れ、何かを感じてもらえたらこれほど嬉しいことはありません。併せて、合唱音楽の素晴らしさをこれからもどんどん稚内の皆さんに伝えていきたいと思います。

終演 15:30頃
ばらし&後片付け
打ち上げ 17:30
2次会   19:45?~22:30 ・・・いつもの全曲振り返り(笑)アリ。

皆さん、本当にお疲れ様でした昨年よりステップアップした演奏会になりましたのも皆さんの日頃の努力のおかげです。ここで休みたいところですが、翌週にはSO-YA夢コール合同合唱祭が控えています。
14日(水)はお休みですが、17日(土)は18:30より文化センター大ホールにて練習アリマスよ
あともうちょっと頑張りましょう~~

11月10日(土)はゲネプロ!

14:45に団員集合し、15:00より全員揃って練習を開始。
団員の他に、旧団員として網走からS原くん(前テナーPL)、七飯からK野さん、そして札幌の合唱団ノースボイスからアルト2名、ベース1名が合流(も一人明日の朝に合流)
いよいよ明日が本番と言うことで、練習にとっても熱が入りました。
今回はピアノの位置を下手よりにしたことで、全面的に団員の声が前に出ていました。
特にアルトはピアノに阻まれている?感じもしていたので、良かったかも。を

ゲネプロ~といっても衣装は着けないスタイルで、でも幕間のピアノソロや休憩は本番通りで、行いました。

第1部「音楽史を訪ねて」は初めてナレーション(CD)入れて行いました。
最初のピアノでのチャイム音をうっかり忘れるところでしたが、無事に指示出来ました。
昨年反省にあったMCのボリューム等の調整は大丈夫でしたね
肝心の合唱はというと、少し緊張気味~いや、指揮者だけかもしれませんが

第2部「中島みゆきの世界」
テンポ設定(指揮者サイドの話)に若干の迷いがあったものの、どの曲もしっかり歌えている様子。
細かいリズムが若干乱れる・・・

第3部「海鳥の詩」
これがちょっとヒヤヒヤもので1曲目「オロロン鳥」はピアノ伴奏の三連符と合唱団のリズムが微妙に合わないし、ちょっと遅すぎた
と思いつつ、全曲を大きな事故なく通せてホッと
一番懸念していた終曲「北の海鳥」は思ったよりイケていて良かったです。

そしてアンコール2曲ウンウン良い感じに仕上がってきています
間に合いそうです(笑)

ゲネプロを終わった時点で既に20分以上予定をオーバーしていましたが、皆さんのご協力をいただいて18:30まで手直しさせてもらいました。皆さんくたくたなのにありがとうございました。
そして、最後まで優しくない指揮者でごめんなさい

で。滞在先でゲネプロの録音を聴きました。音響サンからもらったものと自分で会場の真ん中あたりの座席に置いておいたICレコーダーの2種類を聴きました。
あれ・・・これは・・・不安なところが吹き飛んでいきました
今までの皆さんの練習の成果が明日、花開きます

【仲間がやってきた
歌好きの仲間が、網走・七飯・札幌からやってきてくれました ありがたいです。
合唱団ノースボイスは指揮者が同一&カップルも誕生という繋がりのある団。
今年はいろいろあって、舞台に乗るフラウエン団員が昨年より減少してしまいましたが、その不安を吹き飛ばしてくれる「合唱愛」皆さん、本当にありがとうございます

プロフィール

w_frauen_chor

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ