9月19日(水)の練習

《参加者》
ソプラノ7/アルト9/テナー3/ベース4 計23名
ご指導はKさん、ピアニストはSか先生

《発声練習》
・音を集めるようにして、同じところで出すように
・下りの音型では音程に気をつけて
・響きを常に保つように
・「イ」の発音はきつすぎないように

《パート練習》
「アンコール1」のみ!!~女声も男声も!
女声はしっかり声が出ていたようです
男声はリズムにかなり苦戦 反復練習を重ねました

《合わせ練習》
「アンコール1」
・パート練習ではよい感じであっても4声合わせると「・・・」なところもあったよう。
・速さとリズムに慣れるにはとにかく歌うことパート内でよく聴き合い合わせていきましょう。
・最後まで合わせ練習が出来ました細かい部分は次回に更に深めていきましょう
「糸」
・前回の常任指揮者Rが来たときに合わせた以来。その時は参加者が少なかったのですが、今回はそこそこの人数での練習でした。全体的には「忘れてたところを思い出す」感じの合わせ練習でしたが、数回歌うことでそれも解消
「Hallelujah」
・今回の最後の1曲でした。皆さん張り切って歌ってくれましたが、若干「大声大会」な感じにもなったよう?お互いを聴き合える余裕を持ちたいですね。常任指揮者Rが来てバランスを調整していきたいと思います。

お疲れ様でした。
ポスター、チラシなどが出来上がり、定演が間近に感じられるようになりました。
反面、昨年より参加者が少なめなこと・なかなか練習に参加出来ないことやイベントが多くて練習がそれに割かれてしまって練習不足と感じることなどで不安視される団員もいるようです。
この時期はどうしても不安を感じることが多くなってしまいます。でも練習は私たちを裏切りません。地道に練習を重ねてきている団員さんらがしっかりと核となって、下地を作っています。仕事等でなかなか参加できない団員が安心してこられるように頑張っています。
また、今後の練習では遠隔地にいる常任指揮者Rも今月あと2回、10月に入ってからも9回予定しているうち、7回の練習に参加しますし、13日(土)14日(日)には集中練習もあります。残りの練習は充実していきたいと思いますので、皆さんもどうぞご協力ください

次回の練習は9月22日(土)この日もKさんが来て下さいます。会場は2カ所取ってアンコール1の最後の音取練習をします。そのほか、「時代」「Hallelujah」「地上の星」などの合わせ練習をしていきます。
1つ1つの練習を大切にしていきましょう

9月15日(土)の練習

《参加者》
ソプラノ5/アルト4/テナー2/ベース4 計15名
今回は、旧団員で今は七飯町在住のバリトンKさんが参加(16名に)
指導は常任指揮者RとピアニストはYか先生

《発声練習》
午後のキタカラでの定演宣伝演奏があったので特に無し
始まる前にKさんや他の方で練習をしていたので、そこからだんだん広がって練習に繋がっていきました。

《合わせ練習》
「アンコール1」
・勢いで最後まで。男声だけの部分をサラリと流していきましたが、結構早くに感じが掴めたようなのでそのまま最後まで。アルトはほとんどサビの繰り返しなのでそんなに大変では無かったかと。ソプラノは旋律とは別の「盛り上げ」的な位置になるので、次回の練習ではしっかりと復習をして下さいネ。
・同じ言葉でも少し違っているところに注意です。またアクセントがついているところはきっちりアクセントをいれましょう(今後の課題)
・早口言葉のところはとにかく声に出していきましょう。
・無理矢理ではありましたが、しっかり食いついていましたゴール、見えてきてますよ
「慕情」
・ちょいとお久しぶりでしたが、以前にも外で演奏していますし、皆さんのお気に入りのようですので、ほぼほぼ良い感じです。ただ、冒頭の女声の旋律がまだばらつきがあるので注意してきましょう。
・女声も男声も節回しに気をつけて。曖昧にしないように。
・同じく、リズム(「もいちどはじめから」の「は」の入るタイミングなど)も今のうちにしっかり身体に覚え込ませて
「エトピリカ」
・まだ全体的にスピード感になれていない感じではありますが、とても頑張っていました。声はよく出ています。
・男声にとって1番が一番難しいかと(特に入り)今後は入りを確実に決められるよう練習してきます。
・16名とは思えない声量でした
・とにかくスピードに慣れましょう 緊張感を持って。
以上が今回の練習予定曲でしたが、出来が良かったので他の曲も練習しました
「流浪の民」
・今回もソロを入れて。ソプラノとテナーは新しいメンバーにお願いしました。
・前回は「久しぶり」なこともあって思い出し程度、今回は通し練習しながら確認をしていきました。
・B「もゆるひを・・」部分を復習。テンポが本番用になったこともあってベースが少し遅れていましたので。
・「こうるあり」を「こおる」と歌っていたので修正
・全体的に良い感じです今後も「生き生きと」歌って下さい
「Hallelujah」
・これも「ホタルの会」以来お久しぶりの曲でした。が、熟成されたかのようになかなかの仕上がりでした。
・テナーの不安な箇所を復習(各部分の入り)
・ベースのC「of this world」のE音が下がるのが惜しい(今回は修正できず)
・最後の「Hallelujah」は圧巻の終わりです
「オロロン鳥」
・今回の〆 「きりぎしの」部分だけ入り直し&音の確認をしただけであとは通し。
・だんだん速くなるところ「かぜふけば ほねかれる・・・」はもう少し速くしていく予定です。サクッと「すいへいの」を歌いたいですね。
・ポップスとは違って合唱用に作られた曲なので、皆さんも安心して歌えるよう 安定感がありましたね。

お疲れ様でした。
今回はお昼12時から集まって演奏をし、そして夜も練習でしたのでかなり疲れたことと思います。
また、今回は七飯町からKさんが来て下さっての練習でした。少なめの人数ながらも厚みのあるハーモニーを創っていくことが出来ました。皆さんも、来て下さったKさんもありがとうございました。
次回は9月19日(水)です。いつもの会場「風~る稚内」です。
この日はいつもご指導補佐をしてくださるKさんが来て下さいます。「アンコール1」の音取りと「糸」「Hallelujah」の音合わせをしていきます。「アンコール1」については今回ザッと最後まで通しておりますが、パート練習では念入りに音取りをお願いします。
※合わせ練習では上記以外の曲も歌うかもしれませんので全曲のご用意を

【定演宣伝隊、キタカラに現る
お昼12時に集合しました。デジタルピアノをセットし、12時5分くらいからハミングで声出し。いったん、休憩して12時15分くらいからスタートしました。
ソプラノ4/アルト4/テナー2/ベース4 14名とピアニストはYか先生 
指揮はもちろん常任指揮者R 
キタカラのホワイエはとても響くところでしたので、特にアカペラ(Ave Mariaやふるさと)はとっても美しかったです(指揮者の狙い的中)歌っている団員も「気持ちよかった~」とのこと。
「Ave Maria」から始まって、「風」「上を向いて歩こう」「時代」「ふるさと」の5曲を熱唱合間にRの絶叫トークを入れて定演をアピールしてきました
お客さんはたくさん・・・ではありませんでしたが、ご旅行されている方々やその場にいらっしゃった地元民の方々から温かい拍手がチラホラと
最後の「ふるさと」を歌い終わり、その残響がふわっと上に抜けていく感じはとてもBeautiful素晴らしかったです 
定演まであと2ヶ月。今回の演奏で気持ちが「定演モード」になった方もいらっしゃるでしょう。悔いの残らないよう今後も練習を重ねていきましょう
今回は1日中お疲れ様でした

【番外編】うたの寺子屋No.15~16&男声合唱団ぽえむの練習

【寺子屋No.15】
9月13日(木)午後2時~
アルト3/ベース2 計5名
とにかく「アンコール1」
・前日にフラウエンコールの練習で聴かせてもらい、この時点では合格点でしたが、来られた方々はとにかくしっかり練習したいとのことで来られました。
・リズム読み無しですぐに歌から進めました。まずはリズムの細かい(しゃべるような部分)を徹底的に復習。
・だんだん慣れてきたので、少しずつテンポを速めていきました。頑張って食いついています
・AとCとFをかなり歌い込みました。油断するとテンポが落ちてしまい、言葉がずれてくるのでなかなか油断出来ませんまぁ、たまにはこんな曲も良いでしょう緊張感を保って
・サビ部分で、似たような旋律だけどリズムが2パターンあります。今回はその違いを知ることをアドバイス。今は完璧に出来なくても、2パターンあることやその違いを知るだけで十分です。
・後半はサビの連呼でしかもアルトがほぼずっと主旋律です。途中でベースが中間部分のリフレインをしていきます。ベースはお二人で、まだ全体的に余裕がみられない感でしたので、あまり深追いはしませんでした。
・フラウエンコールの練習ではまだ最後まで譜読みはしていませんが、この場では最後まで譜読み&通しをしました。ベースのお二人にとっては大変だったかもしれませんが、よく付いてきてくれていたと思います。

このまま終わってしまってはモヤモヤするので・・・ということで
「Ave Maria」
・通し。途中、21小節目の「mulieribus」の「eri」のリズムを注意(女声は付点二分音符、男声は普通の二分音符)したので、更に前の部分アルトの9小節目のピッチが低すぎだったので8小節目から再度通し。
・テナー抜きの状態で3声(Rはソプラノ)ながら、キレイなハモりでした自信を持ちましょう
「時代」
・1回通し。サビ部分の歌詞の違いに注意しましょう 最後はユニゾン「きょうはたおれたたびびとたちも うまれかわって あるきだすよ」で終了
さぁ、私たちも生まれ変わって歩き出しましょう

【寺子屋No.16】
9月14日(金)午後2時~
アルト2/ベース2 計4名
急遽、参加してくださった方もいらっしゃいました
「Hero」
・昨日同様に、じっくりと歌い込み。初めはテンポを少し落として練習し、慣れてきたら速めていきました。まだ若干遅れ気味になるところもありますが、曲に対して慣れてきた感がありました
「中島みゆき」全曲の復習
・一通り流してみました。楽譜のめくり、旋律の流れを確認程度でしたが、久しぶりの曲もあってここで確認出来て良かったです。
「Ave Maria」
・昨日も練習しましたが、特にベースは安定感がありましたね良い感じで歌えています
・39小節目は3拍子なので気をつけて
「Dies Irae」
・これも久しぶりでした。まだ口が回らない・・・とのことですが、自分のパートはしっかり歌えていたと思います。あとはとにかく「しゃべること」です。何度も何度も歌うことで必ずきっちりと歌えるようになります

【男声合唱団ぽえむの練習】
9月13日(木)午後7時~
トップテナー2/セカンドテナー1/ベース3
旭川からお一人来られる予定でしたが、胆振東部地震の関係で残念ながら欠席となりました。
「涙くん さよなら」
・ベースのお一人にバリトンをお願いして4声で練習。お互い聴き合いながらハーモニーを固めていきました。
・言葉?声?が軽すぎる?重みが欲しい感じがしました。
「柳河」
・じっくりと音合わせ。ちょくちょく変わるテンポに確実に対応していけるようにしましょう。楽譜に書いていないところで遅くならないように。
・ハーモニー的には回数を重ねるたびにじわじわと良くなっています。全員が揃い、体調も万全だと更に素晴らしくなる予感がします
「夜のうた」
・これもベースのお一人にバリトンを歌ってもらい4声で。指揮者の一声でお互い耳を超ダンボにして歌い合わせたところ、ガラッと変わりましたそれ、大事です
最後に「いざ立て戦人よ」で〆

その後、下のお部屋で懇親会をしました。残念ながら主賓は不在でしたが、せっかく皆さん食材を用意して下さったので決行しました

9/13 poem2

ベースSさんからはお手製の「鹿肉のジンギスカン」~レバーやハツ部分も入っていました~、お世話係のKさんからはお手製餃子60個、Nさんからはもらったばかりの「たこのお刺身」、N嬢からはやはりお手製のカレー&ご飯7合~炊飯ジャー片手に来てくれました皆さん凄いです

9/1 poem1

どれもめちゃくちゃおいしかったです。あまりにもたくさんのごちそうでしたので、Fちゃん夫人も急遽呼び出して7名で大宴会でした。もちろん、途中で歌もあり、なぜか「Ave Maria」(教会だから?)と「星の世界」をしっとりと歌い、「涙くんさよなら」も歌いました。「星の世界」のNさんのソロ、良かったですよ
11時にお開きとなり、11時半には皆さんお帰りになりました。たくさんのごちそう、お酒、ごちそうさまでした

翌日、朝7時から全ての窓を開けて空気の総入れ替えしました。
恐るべし「ジンギスカン」のニオイ半日以上開けっ放しでした(笑)
プロフィール

w_frauen_chor

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ