2月21日(水)の練習

《参加者》
ソプラノ6/アルト6/テナー5/ベース3 計20名
ピアニストはSか先生 PLさんとSか先生らで練習を進めました

《発声練習》

《パート練習》
女声~Sか先生
「エトピリカ」
・2番以降の確認、特に歌の入りの確認など
・アルト、分かれるところを念入りに確認
・Hからはアルトがずっと2つに分かれるのでその音の確認・合わせ
・ソプラノもアルトもHはよく声が出ていました
・アルト同士の合わせをしてからソプラノとの合わせを繰り返し、音楽の流れを作っていきました
 集中力も高まってきてます
・アクセントや強弱記号を大切にし、流れを掴んで行こうと確認
「愛の賛歌}~3/1イベントでの演奏曲
・思い出しながら通し。音・リズム・強弱など曲のメリハリに気をつけて
「上を向いて歩こう」
・前を見て楽しく歌おう観客も楽しく聴けるような演奏を
「慕情」
・先日のフェスタで歌ったばかりなので伴奏で通し
男声~テナーPL
「エトピリカ」
「愛の賛歌」

《全体練習》
主に3/1イベント演奏曲の合わせ練習
「慕情」
・皆さん楽しそうに歌っていました。先日の経験が楽しさに繋がったのかも
「上を向いて歩こう」
・時々歌詩が怪しいですが前を向いて楽しく歌いましょうと確認
・身体でも表現できるといいですね
「愛の賛歌」
・三連符のリズム、盛り上がりなどを確認。次回へ繋げる歌声でした。

「エトピリカ」も合わせ~最後まで
・テンポが速いため、歌の入りはまだ完璧とまではいきませんが、4声になると他のパートの声を聴き合うようになってきました。集中しています
・最後の「アアーー」男声がとてもよく伸びていました。sfp(スフォルツァンドピアノ)も確認

お疲れ様でした。
3/1の某イベントにゲスト出演が決まり、急遽その練習にも入りました。
「愛の賛歌」はずいぶん久しぶりかもしれませんが、皆さんの得意曲なので大丈夫だったでしょう。
楽しい席での演奏ですので、お客様にさらに楽しんでもらえるような演奏を目指しましょう
さて、次回は2月24日(土)ですが、この日は年に1度の定期総会です。昨年度を振り返り、そして新年度に向けて気持ちを新たにしていく大切な会です。お忙しい中とは思いますが、是非是非ご出席ください。
この日は練習はありません。
次の2月28日(水)はKさんが来て下さっての練習で、しかも翌日はイベント演奏です。
張り切って練習をしてくださいね

2月17日(土)の練習&生涯学習フェスでの演奏♪

《参加者》
ソプラノ7/アルト5/テナー5/ベース3 計20名
ご指導はKさん、ピアニストはSか先生

《発声練習》
・ハミングから「ma・me・ma・me」~上から入るように
・速めの「ma・me・ma・me」~目から上で歌うように
・スタッカート~「ヤ~アハッハッハ」 など

《合わせ練習》
生涯学習フェスで歌う曲を練習
「星の世界」
・常にレガートで歌うように
・ところどころのハーモニーをきっちりとハモるように
・テナーが主旋律のところの確認~よく主旋律を出して
・テナーが主旋律の時の他パートのハミングはテナーの曲想を意識して
・歌詩の間違いに注意(「ほしのひかりよ」?「ほしのせかいよ」?)
「慕情」
・男声による主旋律「あまえてはいけない~」のリズムが角張らないように、なめらかに
・4声しっかりリズムを揃えて
・歌の入り、音符の長さを楽譜通りに正確に
・女声のハミングは男声を引き立たせるように、フレーズ感を持って
・中間部Dのリズムを確認
「モルダウ」
・通し~この曲は皆さん大好き良い感じで合わせ

その後、本番のステージに立つ人のみで並び・ピアノ・指揮者(Kさん)の位置などを本番通りにして3曲通し。
皆さん声がよく出ていました 集中力も

お疲れ様でした 2週連続で演奏する機会があり、そのための練習となりました。
今まで練習をしてきた成果が出せそうな仕上がりです
次回の練習は2月21日(水)です。
予定としては「エトピリカ」の音取りと新曲「糸」(中島みゆき)となっておりますが、3月1日に演奏の要請がありましたのでそれに向けての練習も取り入れる予定です。「慕情」「愛の賛歌」「上を向いて歩こう」を予定しておりますので、その楽譜もお持ち下さいネ

「生涯学習フェスティバルでの演奏

doji子さんからのレポです


無事終了しました~
大ホールを我が物顔で独り占めして歌えるのもなかなかのものです
1200人収容のホールには17名のお客様が実にパラパラと散在
そんな中でしたが、私は楽しかったでーす
 
「あらま山台思ったより狭いわ!」
「前列の方は下に降りて貰おう」とか
「ピアノの音量どうなのかな?」
「ピアノの位置は指揮者が見えるかしら?」
「歌とピアノのバランスいいの?」
・・・と、その場で相談したりしながらの準備でしたが、スタッフさんが柔軟に対応してくれて団員も手伝ってくれたので(前もって団員にはお手伝いはお願いしてはいたのですが)、気持ち良く歌うことが出来ました
 
曲のできばえとしては、緊張感がほどよく無くて(?)全体的には良かったと思います
他パートの声もキチンと聞こえました
ただ後ろに身長の高い人がおまけに1段高いところに並んだので離れたパートの声はきこえても自分のパートの声が前には聞こえてこなかったですね~
反響板がないからでしょうか?
集合してから終了までが1時間20分程度の拘束でしたので、皆さん都合を付けて協力してくれたかと思います。

以上です 

反響板が無いのは合唱としてはなかなか苦しいことなんですが、皆さん良い緊張感の中で歌声を大ホールに響かせたようですね
皆様、大変お疲れ様でした。
数年前から稚内北星大学講堂ではなく稚内総合文化センターでの発表に変わりましたが、あまり集客が芳しくありません。
昨年も団員数よりも観客数の方が多いという状態で、今年は17人とか(団員が数えておりました)
生涯学習フェスではフラウエンコールの他、様々な団体が参加されて多種多様なステージが見られるとても良い機会です。参加される団体のモチベーションもこれではちょっと
フラウエンコールとしては数少ない大ホールでの演奏が出来てとても嬉しいんですけどね。
来年はもっともっと観客が増えることを期待しています。団員の皆様もお友達にジャンジャンPRしていきましょうね

2月14日(水)の練習

《参加者》
ソプラノ6/アルト7/テナー5/ベース3 計21名
ご指導はKさん、ピアニストはSか先生
今回は18日開催の生涯学習フェスに向けての練習がメイン

《発声練習》
ハミングから始まって、レガート、スタッカートの練習
時々地声になるので気をつけてなどのアドバイスが

《パート練習》
女声~Sか先生
「エトピリカ」~最後まで音取り
A~C(1番)・・・アルトが分かれるところを確認してから2声で合わせ
D~F(2番)・・・各パート音取りしてから合わせ
G~ (3番)・・・言葉がばらばらになるので言葉だけで合わせ
        ソプラノ2はHではアルト1を歌う
        アルト、分かれる箇所を確認
「慕情」~通しで確認
・お互いの声を聴きあって歌うように
・楽譜に書かれている記号をよく見て
・途中、男声がP練習から戻ってきて一緒に合わせて歌ってくれました

男声~Kさん
「エトピリカ」~重点的に練習
・最後まで練習しました
・Bのエトピリカ〜の部分の音が下がってくるので注意するように。
・後半の部分は初めて合わせ、リズムや入るタイミングに気をつけるよう何度も練習。


《合わせ練習》
「エトピリカ」
・1番~3番まで通して歌う
・1番の入りの確認
「オロロン鳥」
・通し
・伴奏を付けて通し~かなり慣れてきたようです

生涯学習フェスでの演奏曲の練習
「星の世界」
・和音を聴き、自分の声がその中にはまっているかを聴きながら歌うように
・フレーズを感じて歌おう
・テナーが主旋律の部分を練習(音の伸ばし、クレッシェンド、発音など)
「慕情」
・通し(17日の練習に細部の確認)
「モルダウ」
・本日の〆なので、立って歌って終了

お疲れ様でした。
先週今週と行事が入っていてそれに向けての練習となりました。
また、3月1日にも何かご依頼があったようで、出演することも決まりました。
(詳細は後日)
招かれて演奏させてもらえるのは本当にうれしいことですね。それだけ期待されていると思っていいでしょう。
定演時よりは人数は少なめですが、歌に対する真心、熱い情熱は一緒ですから、今出来る範囲で頑張っていきましょう
次回は2月17日(土)です。翌日は生涯学習フェスの本番ですので、主にそれに向けての練習になります。
心を一つに合わせ、声を合わせていきましょう


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ