2008年11月

2008年11月15日

1枚1枚丹精こめて

ae511fae.JPGご無沙汰してます
数ヶ月ぶりの投稿です
仕事に追われ、なかなかブログを書いている時間が取れなくて・・・昼間は現場作業とか、打ち合わせなどで費やし、夜オフィスワークといったパタ〜ンです。
現場作業が好きなので、ついついオーバーワークし、オフィスワークがおろそかになり勝ち、バランスよくと思いつつやはり物造りが好きなんですね。
一文字瓦の腰葺きという葺き方があるんですが、屋根の軒先を金属屋根で葺き、(今施工中の現場は銅板で葺いてます)軒桁付近より一文字軒瓦を葺き瓦葺きする工法です。
茶室などの数奇屋造りの屋根にみられますね
和風で高度な技術が必要な作業です。一文字軒瓦ですが、屋根に取り付ける前に
合端作業という瓦加工があります。
瓦を隙間なくすり合わせる作業ですが、一枚一枚丹精込めて、合わせた瓦は非常に
美しいです。
瓦葺き検定の実技試験でも、この一文字瓦の施工が課題になり合端・取り付けを審査します。
日本の風土に合った味わいのある屋根ですね。



w_kawara10 at 23:35|PermalinkTrackBack(0)
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場