17031101 ナイスなオヤジが集まって、ナイスなゲームをナイスにプレイする「ナイスガイズ!ゲームクラブが盛大に開かれました。会場の「ボードゲームBARダイス」も大阪の一等地にある大変ナイスな店で、大阪に転勤していたら連日通いそうなところです。難点は、ちょっと薄暗いので小さい文字のゲームは苦しいかも(^_^;)

 まずは、さばげ殿と「1936: What If?」をプレイします。どんなゲームかはこちらを。さばげ殿が共産主義者、私が国粋主義者?です。国粋側のフランス軍がダイス好調でガンガン進みます。さばげ殿は捨て駒をフランス軍の進路に置いて守る挺身防御。ソ連軍は第3ターンに登場してガンガン進みます。

 最終ターン。さばげ殿のベルリン攻撃は1のみ成功ですが…出目6で失敗。国粋側の勝利です(=写真)。仮想戦というよりSFに近いゲームですが、楽しめました。初期配置がランダムなので、2、3回は(というか2、3回だけ)楽しめるでしょう。

 タイ・ボンバは19××:What if?」でシリーズ化するんでしょうか?あ、中黒殿によると、タイ・ボンバは非常に物静かな人だそうです。ビッグマック片手にチェリーコークを飲みながら「ヒャッハー。また新しいゲーム考えたぜ」みたいな人だと勝手にイメージしてましたが。


17031102 その後、バイトのBAR店長殿?とベオグラード上空航空戦です。どんなゲームかはこちらを。敵機の後ろにピタリとくっつかないと射撃できないので、意外と操縦が難しく、互いに敵機を捉えられません。グダグダとドッグファイトが続きます。数的には私の方が終始優位だったんですが、なかなか最後の1機を仕留められませんでした。ゲーム会の合間にプレイするのに最適では。

 その後、ゲームBARなので、置いてあるいろんなゲームをやってみようということでモノポリーに突入。赤グループに無理やり家を建てて勝負しますが、先に中黒殿の水色ホテルに突入して終了。20年ぶりにやりました。意外にもさばげ殿は「子ども向きじゃない」と小市民な感想。ウォーゲームよりマネーゲームの方が怖いということでしょうか。

17031103 さらに「コードネーム」をやりました。ゲーム説明は下のアフィリエイトを。西新宿鮫&さばげ殿チームと、中黒殿&エムデン殿チームの対抗戦です。

 何回かやりましたが、いずれも序盤は私とさばげ殿が勝っているのに、最後で逆転されるパターン(笑)で全敗。実際に出た迷プレイを紹介しておきます。

 西新宿鮫「スポーツ、1枚」→さばげ殿は「ボルト」に置くも敵スパイ。「センター」とかあったんですけどね。これはまだましな方です。

 さばげ「貴族、3枚」→西新宿鮫「プリンス」「プリンセス」は明快でしたが、後は分からず「ダンス」に置いたところ暗殺者でした。さばげ殿は「貴族といったら『サラダ』やろ!」。いや、分かりません。朝からサラダを食べるのが貴族らしいです。

 さばげ「犬猫、1枚」→西新宿鮫「?」さっぱり分からないので「フェンス」に置くも民間人。さばげ殿が「ペットやろ!」。しかし、盤上にあるカードは「ベッド」でした。「ああ、最近細かい字が読めんのや!」。これでは勝てません。

 恐ろしいことに、中黒殿とエムデン殿は「ああ、さばげ殿はベッドをペットと読み違っている」と分かっていたようです。会場の帰り際、さばげ殿が「そういえば鮫さん、松山に行ったんやってな。船場さんと会った?」、それは「センパー」さんでしょ!なるほど、さばげ殿が半濁点と濁点の区別がつかないのは関西では常識のようです。

 さばげ殿が「こんなん絶対にブログに書かんといてな!」と念押ししてきたので、ああ、これは載せてほしいんだなと分かり、だらだら書いてみました(^o^)

 というわけでナイスなプレイが連続したナイスガイズ!ゲームクラブでした。ソークオフの方もご覧ください。

コードネーム 日本語版コードネーム 日本語版
ホビージャパン(2016-02-11)
販売元:Amazon.co.jp

コードネーム:ピクチャーズ 日本語版コードネーム:ピクチャーズ 日本語版
ホビージャパン(2016-12-11)
販売元:Amazon.co.jp