18062701 ironclad殿とS&T310号のAmerican Civil Warをプレイ。結論から言うと、ルールの不明確な点が多すぎて満足なプレイをしないまま終了しました。何点か箇条書きにすると以下のような感じです。

 ・ルール通り(正確には民兵登場表通り)にプレイすると、付いている民兵のユニットが絶対的に足りない。また足りたとしても、毎ターン出てきて毎ターン終了時に回収するのは面倒くさすぎる。それでも南軍は貴重な防御力なのできちんと出したい。

 ・重要補給センターと重要港湾と補給センターの概念が明確でない。重要港湾も補給センターとして扱っていいように思うが、ルールを額面通り解釈するとできない。

 ・主ZOCと副ZOCの問題は、そんなにスタックが大量に出てくるわけでないので、実際プレイしてみるとそんなに煩雑ではない。ルールが分かりづらいのは退却の部分。同一ヘクス戦闘なのに、後退のルールは同一ヘクスに進入する直前の位置関係で解決する?ような書き方になってます。プレイの例もないので分かりにくい。

 ・某ショップの和訳はおおむね正確でしたが、1カ所大きな間違いがあったので書いておきます。13.2の収容力の2番目の項目

 (誤)異なる海ゾーンの北軍支配下の港湾で乗船と下船を行う、または南軍支配下ヘクスに下船する:4収容力

 (正)異なる海ゾーンの北軍支配下の港湾で乗船と下船を行う、または北軍支配下ヘクスに下船する:2収容力

 ・和訳よりも、原文のルールも雑。地図上にはcityしかないのに、なぜかルールにはtownという言葉が出てきます。これは単純にtownをcityに読み替えれば問題ないと思われますが、ちゃんとチェックしているのか不安になります。

 ・・・などなど、言い出すときりがないのですが、もしコマンド日本版の付録にするようなときには、きちんとチェックした上でやらないと大量に疑問点が生じると思います。プレイの例もないと誤解を招きやすいです。ルールは17ページですが、重複部分を省略しているので、実際はFor the People並みの分量のような気がします。

 クレジットを見ると、オリジナルデザインがダニガンで、リデザインがペレロ。ところが1973年版をどう変えたのかペレロの説明はなく、ミランダが「多くの点をアップグレードした」と書いてあるだけ。私はリデザインしたというので期待して買ったんですけどね。ironclad殿は「リデザインはオリジナルよりもひどくなっている場合が多い」と言ってましたけど、どこまでがオリジナルかすぐに分からないのは困ったものです。

 分かったのは、このゲームがベースになってビクトリーの戦略級南北戦争や、For the Peopleが作られたということですね。河川ルールとかユニットの生産とか、このゲームを改造していったんだなという名残が感じられました。そういう意味では「ゲーム史的名作」というやつですね。

 特にミシシッピ以西を北軍が攻略する意味がなく、南軍もあまり守る意味がないというのは、州の支配や政治の概念を入れて改造したことが分かります。河川ルールも機能するためにかなりFor the Peopleでは変えてますからね。

 YSGAのブログもご覧ください。

18062702 さて、余った時間で潜水艦ゲーム「キャプテン・ソナー」をプレイ。贋ゲーマー殿が何としても4対4でプレイしたいということで巻き込まれました。席順でなぜか私とblubear殿が艦長に。詳しいルールはこの辺を見てください。

 blubearチームの通信士の贋ゲーマー殿が的確に場所を把握し、次々魚雷を発射してくるので回避するのに懸命。至近弾(1ダメージ)を3発食らい、4ダメージで沈没か・・・と思ったら、こちらの魚雷2発が直撃(2ダメージ)して勝利。いやあラッキーでした(*^_^*)

 贋ゲーマー殿はかなり悔しがっており、仲間を集めて再戦を挑んで来そうな雰囲気を醸し出してます。私はやってもいいですけど、艦長と通信士以外でお願いします。新システムは面白いですけど、個人的には何度もプレイするほどではないですかね(^_^;)