2011年09月15日

憎悪の連鎖に決別 「許し」説き平和訴える 被爆した少年の半世紀 「地球人間模様@アメリカ」

m3.com
http://www.m3.com/
カラ転載。

憎悪の連鎖に決別 「許し」説き平和訴える 被爆した少年の半世紀 「地球人間模様@アメリカ」
2011年9月14日 提供:共同通信社




 プロペラ機の窓から米国の大地が見えた。被爆者の少年はノートを取り出し、ページいっぱいに「復讐(ふくしゅう)」と書いた。原爆で家族6人を失い18歳で渡米した胤森貴士(たねもり・たかし)

(73)は今「戦争は一人一人の心が起こす。憎い相手を許そうとして初めて平和な世界が築ける」とはにかむような笑顔で語る。

 米カリフォルニア州バークリーに住む胤森は米各地で講演し「許し」を説き、平和を訴える。復讐を誓い「何とかして米国人を不幸にしてやる」と思いをたぎらせていた少年の半世紀後の姿だ。

 原爆で胤森は困窮のどん底に落とされた。身を寄せた親類には疎まれ、中卒後に神戸で住み込んだ質店では「職場の金を盗んだ」とぬれぎぬを着せられて追い出された。

 「この不幸は米国が原爆を落としたせいだ。何十年かかっても米国に渡って敵(かたき)を取る」。父の墓前で誓った。機会は意外に早くやってきた。米国への労働移住を広島市があっせんしていたのだ。

 ▽不条理

 仕事はカリフォルニア州デレーノのブドウ農園。過酷な労働の末に食中毒で病院に運ばれた。広島出身と分かると検査漬けになり、胤森は「研究材料では」と疑った。3カ月後、髄液採取の激痛に耐えきれず激しく抵抗、精神科に移された。

 メアリーという女性看護師がいた。他のスタッフと違い、胤森の手を優しく握った。忘れていた温かさ。「ぬくもりが体中を巡り、憎しみで凍っていた心が溶け始めた。敵であるはずの白人が人間の温かさをくれた」

 メアリーは胤森が退院できるよう尽力した。胤森は「自分も苦しんでいる人に手を差し出そう」とキリスト教の道を志し、神学校に入った。

 牧師になった胤森は神の愛を説き、地域に貢献する。だが、夜になると復讐心がよみがえり「父の墓前で約束したことを忘れない」という思いが支配する。神学校で知り合った妻にも言えない「二重の人生」だった。

 教会での生活は74年、あっけなく終わる。ある日、白人の上司に言われた。「胤森牧師、教会の人たちは日本人に導いてもらいたくないんだ。残念だが去ってください」

 妻と3人の子を養うために働いた洗車場で、客として来たその白人牧師に再会した。右手を出したが、相手は腕組みして仏頂面。こんな不条理があるのか。ショックと憤りで耐えられずトイレに駆け込み吐いた。吐くものがなくなると指をのどに突っ込み吐き続けた。

 「やはり復讐しかない」。反戦、反核集会で、被爆者として反米感情をむき出しにした講演を繰り返すようになる。

 「米国は芯からうそつきの国だ。キリスト教精神どころか、私を精神科にぶち込み、あらゆる場で差別する。アメリカンドリームではなく地獄の国だ…」。カリフォルニア州北部では名を知られるようになっていた。

 ▽白昼夢

 被爆40年目の1985年8月5日、この日も集会で講演する予定だった。会場に車で向かう胤森は真夏の太陽に輝く白い雲を見た。突然、これまでの人生が白昼夢のようによみがえり、苦しくなり車を止めた。

 11歳の長女、恵美(めぐみ)の声が聞こえる。「お父さんが復讐すると米国人がまた復讐する。それは私たちに来るんだよ」。生前の父の言葉も聞こえた。「戦争ではどの国の子供も傷つくのだぞ」

 講演では草稿は見ずに「許すことが大切」と話していた。「転換点だった」と胤森は振り返る。

 以来、集会で「許し」を訴えた。「真珠湾も許せというのか」と詰め寄る男性、南京大虐殺の本を突きつけた女性。言葉に詰まり、説明して逆に怒らせたこともある。

 米中枢同時テロに激しく怒り、ビンラディン殺害を喜ぶ米国民を見てきた。「自分も歩んできた道。理解できる。でも復讐は復讐を呼ぶ。許しに行きつかない限り、同じことが繰り返される」

 あと25年は生きたい-。ガンで胃を全摘、視力も低下し盲導犬と暮らすが、何でも食べるし酒も飲む。「ろうそくのような小さな灯かもしれないが、暗ければ暗いほど求められるような存在でありたい」と願う。(共同通信ニューヨーク支局)
  
Posted by waa61488 at 07:59Comments(0)TrackBack(0)

2010年08月26日

西表島の生き物

終戦の日に、過酷な体験の続き

西表島の生き物の話。
ハブは「先島ハブ」とか言うのがいて、沖縄のハブほどの猛毒ではないみたいだけど、噛まれたところから腐ってくるので、とりあえずナイフなどで切り裂いて、毒を吸い出して、血清を打たないと、命を落とすことになるらしい!
湿ったようなところにいるので、ガイドさんが危険箇所を教えてくれる。

山蛭がいるんだけど、台風の後だったので、大水で流されてしまって、そのときはいなかったそうだ。

蜘蛛、
3層の蜘蛛の巣を張って、外側の目の荒い網をくぐって入ってきた虫を捕まえて食べる。

虫を捕まえるのはメスで、オスはかなり小さくて、メスの体に着いたごみを取ってあげたりしながら、おこぼれに預かっているらしい。
オスの形に似た別の種類の蜘蛛がいて、オスの振りをして巣に入ってきて、ご馳走に預かったりするそうだけど、ばれると食べられてしまうらしい!

絞め殺しの木、
大木に絡み付いて、栄養をもらって生きている!
大木にとっても悪いことばかりじゃなくて、台風が来ても倒れないのは、絞め殺しの木に絡みつかれた木らしい。
ただし、絞め殺しの木は、種が落ちたところの近くの木に絡みつくしかないので、弱い木に絡み付いてしまうと、文字通り絞め殺してしまって、本体が枯れてしまって、絡みついたまま横倒しになったりしているものもあるとか!

付録、人間!
西表島には中学校までしかなくて、高校は石垣島の寮に入ることになる。
タクシー運転手によると、寮の塀を飛び越えて出てきて、タクシーを呼んで、町に遊びに行って、
またタクシーで帰ってきて、塀を飛び越えて帰って行ったりするのは、西表島など、離れ島の子らしい。
予断の予断だけど、
対馬出身の、甥がサラ金地獄にはまっていて、相談したところ、
「島から来た子じゃないですか?」と聞かれた。
何もない島から、いきなり都会に出てくると、遊びの面白さにはまってしまって、借金に走ってしまう人が多いらしい。
野生の動物は強く生きているけど、人間は弱いですね!


  
Posted by waa61488 at 08:19Comments(0)TrackBack(0)

2010年08月25日

終戦の日に、戦争を知らない世代として、過酷な体験!

42歳の厄年だから、戦争を知らない世代として、終戦の日に過酷なことをしよう、ということで、日本一きつい行程とされている西表島のジャングル横断をしてきた人がいる!
電話で申し込んだら、最近は7月から9月に行く人はいない、と言われたそうだけど、「終戦の日に行きたい」と言ったらしい。ガイドさんには、変人扱いされたそうだ。
飛行機で、那覇、そこからローカル機で、石垣へ飛んで、連絡船で西表島。
昔は、夏には、ワンダーホーゲルがガイドのバイトと、旅館のバイトをしながら、ジャングル横断をしていたそうだけど、今はまったくないので、この時期は、ガイドさんも、道もわからなくなるほどらしい。
一日目は足慣らしに、3分の1ほどの行程の、滝まで行ったそうだけど、これでもかなりきつくて、8人参加していた中の、女の子が酸欠で、動けなくなったほど。
滝は、3段になっていて、2段目までは登れるけど、3段目は流れが激しくて、登れないらしい。
夜にはガイドさんがやってきて、どれだけ大変な行程か、ということをとくとくと説明し、これまで、どんな運動をしてきたのか?など、いろいろ聞かれたらしい。
ジャングルに入ってしまうと、二箇所しか開けたところがなく、動けなくなっても、ヘリコプターで運ぶこともできないし、ガイドさん一人ではどうにもならないので、念には念を入れておこうということだろう。
今晩は、絶対に酒を飲まないように、注意されたそうだ。
以前、ガイドさんが旗を持っていて、バランスを崩し、転落して、腰の骨を折ったときは、運び出すのに大変だったとか。

遊覧船で川をさかのぼって、出発点に9時に着いて、雨が降って増水すると、わたれなくなるところを早めに通過。
途中、ガイドさんも道がわからなくなるほどで、何度か引き返したりして、
雨が降ると、がけを滑り落ちる恐れがある、
気温は34度ぐらいだけど、風がないので、かなり暑く感じたらしい。
体から水分が、どんどん失われていくので、途中の川で何度も泳いで、服を濡らしながら進んだら、ガイドさんが、心得た対応に、感心していたらしい。
途中休憩15分で、6時に到着。

  
Posted by waa61488 at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2010年08月14日

5病院合同で「がんに関する市民公開講座」を開催

【お知らせ】5病院合同で「がんに関する市民公開講座」を開催2010/08/11(水) No.M014178
がん征圧月間に向けて、国立がん研究センター中央病院、東京医科大学病院、東邦大学医療センター大森病院、同大橋病院、同佐倉病院の5病院合同で「がんに関する市民公開講座」を開催する。一定期間内に、多様な講師による講演を市民に提供することで、がんの早期発見、早期治療に関する社会的な関心の喚起することが目的。

 
開催期間:平成22年8月14日(土)〜9月25日(土)
入場料はいずれも無料

開催一覧
 
平成22年8月14日(土) 14:00〜16:00(開場 13:30)
国立がん研究センター中央病院
<講演内容>
「忘れられたがんに挑む −肉腫診療は医師と患者が手を取り合って−」
国立がん研究センター中央病院 小児腫瘍科 科長 牧本 敦氏
「日本でのがん治療向上の課題」
国立がん研究センター理事長、国立がん研究センター中央病院 院長 嘉山 孝正氏
<募集方法>
往復はがき、またはFAXで申し込み(往復はがきには返送先の住所・氏名・電話番号を、FAXには返送先の住所・氏名 ・FAX番号を明記のこと)
申し込み宛先:国立がん研究センター中央病院 がん医療サポートチーム 角美奈子氏

〒104−0045 東京都中央区築地5−1−1 FAX:03−3248−5267
<定員>
900人 先着順で締め切り
<問い合わせ先>
国立がん研究センター中央病院 総務部 03-3542-2511
 
平成22年9月9日(木)18:30〜20:00(開場 18:00)
東京医科大学病院
<講演内容>
「肺がんといわれたら」
東京医科大学 呼吸器外科・甲状腺外科 主任教授 池田 徳彦氏
<募集方法>
事前の申し込み不要
<定員>
300人
<問い合わせ先>
東京医科大学病院 企画広報室 03-3342-6111
 
平成22年9月4日(土) 13:00〜 (開場 12:30)
東邦大学医療センター大森病院(5号館地下1階 臨床講堂)
<講演内容>
「乳がん−早期発見の大切さ−」
東邦大学医療センター大森病院 乳腺・内分泌外科 講師 緒方 秀昭氏
<募集方法>
事前の申し込み不要
<定員>
130人
<問い合わせ先>
大森病院 事務部総務課 03-3762-4151(代表)
 
平成22年9月25日(土) 13:30〜 (開場 13:00)
東邦大学医療センター大橋病院(教育棟1階 臨床講堂)
<講演内容>
「消化管のがんについて」
東邦大学医療センター大橋病院 消化器内科 助教 掛村 忠義氏
<募集方法>
事前の申し込み不要
<定員>
120人
<問い合わせ先>
大橋病院 事務部総務課 03−3468−1251(代表)
 
平成22年9月25日(土) 14:00〜 (開場 13:30)
東邦大学医療センター佐倉病院(7階講堂)
<講演内容>
「当院における慢性肝疾患の診断」
I 慢性肝炎(B型・C型)と肝硬変の治療
東邦大学医療センター佐倉病院 消化器内科 助教 高田伸夫氏
II 肝細胞癌の画像診断と治療
東邦大学医療センター佐倉病院 放射線科 講師 森田英夫氏
<募集方法>
事前の申し込み不要
<定員>
200人
<問い合わせ先>
佐倉病院 事務部総務課 043-462-8811(代表)



  
Posted by waa61488 at 14:59Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月02日

糖尿病は熱中症を発症しやすい

糖尿病患者の多くは暑中がもたらす危険性に気付いていない
2010/07/02(金) No.M013451
糖尿病は熱中症を発症しやすいが、多くの患者がそのリスクをどう軽減するかを知らないことが、新しい調査で明らかになった。

「糖尿病患者は高血糖のコントロールがうまくいかないだけでなく、発汗能力が弱く、暑さによる疾患に罹患しやすい」と、研究を主導した米メイヨークリニック(アリゾナ州フェニックス)のAdrienne Nassar博士は述べている。
調査の対象となった患者の多くは、夏季には最適な血糖コントロールができておらず、このことも脱水症リスクを高めるという。

Nassar氏らは、同クリニックにおける糖尿病患者への152件の調査を分析。その結果、患者の20%は気温が100°F(約38℃)になるまで予防措置をとらないことがわかった。しかし、実際には湿度の影響が大きく、80°F(27℃)程度であっても熱中症になりうるという。暑い季節には救急治療室(ER)を訪れる糖尿病患者数が増加し、入院・死亡も増加するという。

この事実にもかかわらず、温度と湿度の組み合わせによる「熱指数(heat index)」の定義を知っている糖尿病患者は半数にすぎない。湿度が高いと、発汗作用が抑えられ身体が自然に冷却するのが妨げられるため、湿度が高いほど暑さは危険であると著者らは説明している。

Nassar氏は、糖尿病治療薬やサプライ(補給品)も暑さによる被害を受けやすいと述べ、「インスリンだけでなく経口薬にも治療温度領域があり、その温度以上になると効能を失う」という点を強調している。しかし、患者の4分の3以上が暑さとインスリンについての注意を受けたことがあると認めているが、暑さが経口薬、血糖測定器、グルコース試験紙にリスクを引き起こすことを知る人ははるかに少なかった(それぞれ39%、41%、38%)。

皮肉なことに、リスクを知る人のうちの37%は、暑い環境下では薬剤やサプライを使用しないという方法を選択しており、これが新たなリスクを生じることとなる。Nassar 氏は「より一層の患者教育が必要だ」と述
べている。

今回の調査は、米国海洋大気庁(NOAA)および米国立測候所(NWS)の協力により行われたもので、米サンディエゴで開催された米国内分泌学会(ENDO)年次集会で発表された。

[2010年6月21日/HealthDayNews]
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

  
Posted by waa61488 at 13:09Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月04日

メールマガジン、健康系情報商材をぶった斬る

有料メールマガジンの紹介。

健康系情報商材をぶった斬る
一般書店で販売されている健康書籍の数倍から数十倍もの高額で販売されている健康系情報商材。
「秘密の食事療法でガンが消える」「花粉症やアトピーを根本から治す」など、一概には信じられないような主張ばかりです。
それらは、果たして真実なのでしょうか?内容を知らずに何万円ものお金をかけるのは、非常にリスクが高いです。
このメルマガで内容を知ってから購入するかどうかを決めるのが得策です。高いだけで大した内容でないものが大半なのですから、買ってから後悔をしないよう充分に気を付けましょう。
999円/月(税込)



ハッキリ言って、このメルマガはかなりやばいメルマガです。

二部構成になっているのですが、第一部は健康系高額情報商材の内容を暴露しつ
つ、内容を分析し批評するものです。

情報商材を読んだことがありますか?

読んだことがある方はお分かりだと思いますが、内容を暴露すると何百万円も賠
償金を払わなければならないということが必ず書かれています。

私は、そのタブーを破るわけです。

その結果、裁判になる可能性もあります。

なぜ、そんな危険を犯してまで、そのようなメルマガを創刊しようとしているの
でしょうか?

それは、健康系情報商材を私はいくつか読んだことがあるのですが、大した内容
でないのにむやみに高いものが横行しているからなのです。

かなり、インチキ臭いものもあります。

そのようなものでもセールスページの表現はすごく買いたくなるような表現なの
です。

「がんが治る秘密の食事療法」「ラクラク痩せるモデルダイエット」「老化をス
トップさせる究極の方法」などなど。

しかし、買ってからガッカリするというパターンが圧倒的なのです。

ただし、中には本当にすばらしい方法もあるかもしれません。

ですから、まず私が先に読んで、内容を暴露しつつ、その医学的妥当性や新規性
や信憑性などを批評していきます。

そして、それでも買う価値があると判断をしたら、買うべきでしょう。

しかし、大半は買う価値がないものであることが分かります。

情報商材はひとつで一万円前後もします。

この有料メルマガは、一ヶ月で999円です。

999円で月に4〜5本の情報商材の内容を知ることができますので、コストパ
フォーマンスとしてはかなり良いと自負しています。

それから、第二部では、今まで無料メルマガで書いていたような内容をもっとパ
ワーアップして書いていきます。

最近、発行の周期が不定期になって寂しいという方は、毎週一回は必ず読むこと
ができるようになりますので、ぜひ、ご登録ください。

ちなみに、有料メルマガはお試しの期間として、一ヶ月間は無料で読むことがで
きます。

例えば、7月7日の創刊号から読み始めたら、7月31日に解約してしまえば購
読料金は一切かかりません。

まず、無料で4本分の健康系情報商材の内容を知られてみてはいかがでしょうか


それから、解約するのはもちろん自由ですから。

  
Posted by waa61488 at 20:26Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月14日

慶応義塾大学病院、 患者向けの医療・健康情報提供サービス「KOMPAS

 慶応義塾大学病院はインターネットのウェブサイトによる患者向けの医療・健康情報提供サービス「KOMPAS」(コンパス)を3月から開始した。同病院の医師、看護師、薬剤師らの医療スタッフが書き下ろしたオリジナルコンテンツの記事で構成していることが大きな特長。患者にとって確かな指針となることを目指し、病気、検査、薬など、医療と健康に関わる幅広い分野の情報を提供する。

 KOMPASは、Keio Hospital Information & Patient Assistance Service の略称。もともとは同病院外来に開設した「健康情報ひろば」のパソコンだけで利用することができた。健康情報ひろばは患者やその家族を対象とした情報提供のためのスペースで、図書・雑誌など約500冊をそろえ、パソコンやプリンター兼用のコピー機などを配置する。同病院ではKOMPASを受診患者以外の多くの人に活用してもらうため、インターネットを通じて一般公開することにした。同病院によると、大学病院がこれほど広範な医療・健康情報を患者向けに発信することは初めて。KOMPASのURLは、http://kompas.hosp.keio.ac.jp/。慶応義塾大学病院ホームページからも移動できるようにリンクしたボタンが配置されている。

 健康情報ひろばとKOMPASの管理・運用は同病院の「健康情報ひろば・KOMPAS運営委員会」が担っている。同委員会は福田恵一・循環器内科教授を委員長に、各診療科などを代表する委員45人で構成する。




Copyright (C) 2010 株式会社じほう

  
Posted by waa61488 at 09:38Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月05日

食の安心パトロール

子育て世代を対象にしたウェブサイト「食の安心パトロール(略称・食パト)」を東京都が開設した。食の安全・安心情報を幅広く提供していくことが目的だ。
href="http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/shokupato/index.html">
  
Posted by waa61488 at 08:51Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月17日

S-1グランドチャンピオン2010

陣内智則君のお父さんからの情報。
3月19日金曜日夜7時から9時まで、
S-1グランドチャンピオン2010
携帯での投票で結果が決まるらしい。
C組みの2番手に出て来るそうな。

  
Posted by waa61488 at 18:22Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月08日

歯の再生が実用化されそうだ!

私がごちゃごちゃ書くより、これを


  
Posted by waa61488 at 14:19Comments(0)TrackBack(0)