晴れときどきローション。

AV監督 沢庵オフィシャル・ブログ

100均にあるもの。

100円ショップってのは、やっぱ素晴らしい。今の時代、モノ探すなら、まずは100円ショップを覗くのが賢者の成功法だ。かの孫正義が松下幸之助から受けた助言の1つに、「まずは100円ショップから攻めなさい」っていうのがあったはず。あんなものからこんなものまで、大きな店舗であればあるほど、意外なものがワンコインで揃うなんてなぁ。喜ぶべきはそのクオリティー云々よりも、まずは「発見できる」ということだね。買うか買わないかチョイスができる。これも醍醐味のひとつ。

ということで、最近は100円ショップを発見しては、撮影備品やら撮影小道具やらを吟味したり、消耗品、生活雑貨を入手しているのでごじゃりまするよ。

正月ボケもそろそろ収まりつつあるそんなある日、近所にある大手100円ショップ『ダイソー』にて、オレはひとり、若干の興奮状態を悟られないよう店内を徘徊していた。外側が接着式の両面のマジックテープを探していたのだ。広い店内が故に、なかなか見つけ出せないジレンマもあり、その途中で新たな発見もしたりするものだから、相乗効果で勃起しまくり。故にお目当てを発見したときの喜びも大きい。結果、余計な買い物が増える。これは店の策略だ。まんまと罠にハマっておる。そんなときだった。不意に背後からオレを呼びかける声がしたのは…。

「兵隊さんかい?」

耳を疑う。だが確かにそう言われた。振り返ってみると、手にカゴを携えたジイさんが立っていた。齢70〜80歳くらいだろうか。上下グレーのスウェットで、白髪まじりの鼻毛が垣間みれる。目が合ったオレに対し、彼は質問を続けた。

「その帽子カッコイイねぇ。どこに売ってるんですか?最近はそういう帽子かぶってる人も減ったからなぁ。どこにも売ってないんだよ。どこに売ってますか?その帽子」

100均の店内で、まさかの質問。ファーストコンタクトがこれか。厳しいな。話の内容からすると、戦争を経験されているお方です。これはあれか。映画『フィールドオブドリームス』的な感じの遭遇なのか。今オレが見ているご老公は、この店に取り憑く地縛霊か何かか。オレを通りすぎる客は、まったくこのジイさんに違和感を感じていない。それとも『シックスセンス』的な方なのか?いずれにしろ、オレにしか見えてないと錯覚するほど、周りは関与していない。あ!『ベンジャミンバトン数奇な人生』ってことか?! ふ、不安だ。

そんな心境のままジイさんの質問に答えるべきなのか?兵隊かどうかの下りは、おそらく「こんにちは」くらいのニュアンスだと解釈するとして、どこに売っているかを本気で聞こうとしているのだろうか。だとしたら、面倒臭すぎるだろ。どう考えても、新宿東口の「TOPMAN」を知っているとは思えない。

「TOPMANです」

いやいや、言っても絶対に通じないさ。ジイさんが本気でTOPMANにいたら、相当すごい画になるけど。ちなみに、オレがそのときかぶっていた帽子はコレ↓
IMG_0241


確かに言われてみれば日本兵がかぶってたヤツに見えなくもない。けど、これ絶対に兵隊の帽子ではないよなぁ。ジイさん完全に兵隊の帽子って決めつけて会話しているし。でも、徐々に確信は分かってきた。ジイさんは誰かと話がしたかったんじゃないかって。新手のナンパです。イビツなアプローチだこと。段々それに乗っかるのが楽しくなってきちゃってね。もういいですよ兵隊で。兵隊の帽子でいいですよ。ええ、帽子をとればボウズですし。ついでにTOPMANも教えてあげました。

だけどまあ、ジイさんTOPMANにたどり着けるだろうか。若者しかおらんぞ。それに、帽子売り切れてたら、その場で死んじゃわないだろうか。たどり着けることを祈ります。ジイさんがその帽子をかぶって、兵隊だったあの日の若き自分に戻れることを祈ります。

100円分のスリルとメルヘンだったな。

新年のご挨拶(財布ありバージョン)。

新年あけましておめでとうございます。
謹んで皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げようとしていたところ、
トイレの棚がドーン!
IMG_0221


正月早々、トイレの棚がドーン!
何でよ。去年の不運のなごりでしょうか。
過去2回目でございます。地震関係なし。
棚が外れて落ちてくるなんて、そんな何度もあります?
トイレの神様〜!オレちゃんときれいにしておりますけどもぉ。

幸先わるいわぁ。初詣も一応行きましたけどね。
ま、本年も変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

監督 沢庵

2011年、最後のアクシデント。

2011年が終わろうとしている。毎年のように言っているけど、今年は去年よりも時間が経つのが早かった。来年はどうなっちゃうのよ。アルシンドになっちゃうよ!

世間的に言えば、東北の震災が一番の出来事だったけど、それ以外にも、個人的には何だかアクシデントの多かった年だったような気がする。「すべての原因は自分にある」という信念もあるが、そろそろ厄払いも必要か。

そんなことを感慨深く語っていた忘年会で、…財布を失くした。まさかの。
ウソだろ?こんな形で今年を締めくくるだなんて…。まだアクシデントが残ってやがったとは。

気の緩みでしょうか。気の緩みです。ダルダルだったね。仕事がさ、12月は特に何だか忙しかった。量は決して多かったわけじゃない。質が重かった。編集編集の毎日で、個室にこもって、世間とは真逆の夜間生活。太陽の日差しが羨ましかった。これさえ終えればオレは開放される。シャバが待っている。そんな日々が27日まで続いた。

最後のシーンは女優が絶頂して果てるシーンだった。なんだろうこの爽快感は。まるでこの女優がオレの気持ちを代弁してくれているかのようだ。「終わった。今年のオレのすべての仕事が終わった」 と同時に、翌日の28日には、忘年会が待ち構えていた。長らく閉じ込められていたオレにとって、このタイミングは、例年よりも、「酔って浮かれなさい」ということを意味している。

古巣のワープエンタテインメント制作部の忘年会。毎年のことながら、気兼ねなく話せる後輩やら、相変わらず頼もしい元上司の方々や、しのぎを削った元同僚や、古い付き合いのスタッフなどと酒を飲みながら語らうのは、何よりも次への活力とつながるものだと思う。

そんな楽しいイベントの最後の最後で起きてしまったのだ、この事件は。歌舞伎町でシメのラーメンを食べ終え、帰ろうとバッグを確認したところ、財布がどこにも見当たらなかったのだ。悪夢がよみがえる。数年前にも一度、財布を失くしたことがある。あのときはおそらく盗まれたと読んでいるのだが、問題は金じゃない。中身のカードやら免許証やらの手続きが面倒なのだ。あの作業はしたくない。したくないんだよー!

一緒にいた社長やらK*WEST(監督)やら麒麟(監督)やU氏に励まされながら、もう朝方だったこともあり、酔いにまかせてそのまま就寝。しかし目覚めてからの昼下がりに、現実がジワリジワリと遅いかかる。「やだよー、こわいよー」稲川淳二ですよ。財布の行方に当てはあったのだ。毎年恒例の二次会のあの店。あの店で財布を手にしていた自分の記憶がある。その店に電話すれど、開店は夕方より。電話には誰も出ない。「やだよー、こわいよー」 待つのがしんどい。こしている間にも悪用されてしまったらどうしよう。今クレジット会社に電話して、システムと停めてもらえれば安心。だけど、無事見つかったら逆に面倒。今までのカードはすべて使用不可能となり、新たなカード番号となってしまうため、銀行のカードがしばらく使えないだの、カード引き落としの手続きもし直さなくてはならないとか、とにかく面倒な作業が待っているのだ。その結果、待ち切れずすべてのカードをストップ。のちに店に電話するも見つからずじまい。とうとう望みが消え、虚しさばかりが残ってしまった。最近ドラッグストアでトイレットペーパーに、あの数十円の違いで悩んでいたオレ。あれは一体何のためだったのか。財布を落としてしまえば何の意味もないことではないか。

あの夜、確かにオレは酔っていた。そして、二次会で同じテーブルにいたメンツは、後輩的なポジションから、やたらオレを褒め称えてきやがる。悪い気はしない。むしろ上機嫌だ。…間違いなく調子に乗っていた。自分を語ってしまっていた。「AV監督」を語ってしまっていた。まさか自分がその数時間後に、財布を失くしてしまうなんてことも知らずに。

そこには超絶的な温度差がある。なんてギャップだ。あのときのオレと今のオレ。ソファにどっしり構え、後輩が持ってきてくれたジントニックを片手に語るオレと、財布がなくて翌日深夜の中野警察署で紛失届を書いているオレ。か、かっこ悪ずぎる…。

来年の春には、ワープから新たに2人の監督が独立する。先輩監督として、今オレが言えることは1つ。

「監督を語る前に、まず財布を確認しろ」

ま、地に足をつけて仕事しよう、ってことでしょうか。むしろこれは身をもって自分への戒めだけど。
五右衛門監督、R40監督、初心を忘れずにお互いがんばろうよ。


さて、オレにとって大事なのは財布だ。「ないない」言ってますけど、結論からすると…ありました。昨日、二次会の店から電話があって、「ソファの下から見つかった」と。何だろうこの気持ちは。ある意味、SMプレイに近い。散々痛い思いさせられて、最後に快感与えられるなんて…。オレはもう馬鹿だぜ。今、2012年が希望に満ちて仕方ねぇや。やるぜオレは。財布はしっかり持ってるぜ。ウォレットチェーンは付けないぜ。

そんなわけで、今年も更新が少なくてごめんなさい。来年こそはもっと書きます。書きたいことはいっぱい溜まってるんです。なので、懲りずに是非来年もよろしくお願いします。良いお年を!

*ちなみに、財布の中身は、写真に撮っておくことをオススメします。もしもの失くしてしまったときに、中に何が入っていたか分からなくなってしまうから。確認するのに便利かも。なくさないのが一番いいけど。

オシャレな「野外露出」。

まずはこのPVをご覧ください。


フランス発のエレクトロユニット‘MAKE THE GIRL DANCE’の「BABY BABY BABY」という曲である。が、何よりもまず目を引くのは、分かりやすく過激なシチュエーション。モデルなみのプロポーションをした女性が全裸でパリの街中を堂々と練り歩く、といった攻撃的な映像だ。発表されたのは2009年らしいが、最近アルバムが発表されたことで、再び注目を浴びている。

オレはこのPVを観て、単純にカッコイイと思ってしまった。潔い。表現から逃げていない。ごまかしていない。覚悟がある。それだけを言えば、アダルトビデオでの露出も、その覚悟が感じられるものには敬意を表したい。現在、アダルトビデオで唯一その覚悟があるのは、「さくら企画」くらいだろう。もっぱらヘビーユーザーです。

オレも過去に何度か露出ものの撮影は経験済みだが、オレが考える「野外露出」におけるアダルトビデオとアートの根本的違いは、「下品」であるか「上品」であるかの違い。下世話に見せるか、オシャレに見せるか。

その違いはどこにあるかと言えば、一見、露出の過激度に思われがちだが、そうではない。極端な話、場所は過激でなくてもよい。問題は出演している女優のスタンスにある。「見られるかもしれない」というスリルの中で、恥ずかしがっているかどうか。そのスリルと羞恥具合がもっとも重要なファクターなのだ。露出AVを好むユーザーが求めているのは、この女優の恥ずかしがる様子なのであり、決して、平気な顔して街中を闊歩する姿ではない。ましてや、楽しそうに全裸ではしゃぐなんてのは論外。もはや「野外露出」というジャンルでさえない。ただの悪ふざけだ。

このPVにおける決定的にアートと言える要素は、撮影技術うんぬんよりも、そのモデルたちの堂々とした佇まいに他ならない。彼女たちがファッションショーのランウェイを歩くようなパフォーマンスをしているからこそ、アートとして成り立っている。ここにもし少しでも羞恥が見え隠れしたりでもしたら、見る者たちの眼差しは軽蔑に変わる。
世間一般に野外露出行為をアートと説得させるポイントはここだ。

だからこそアダルトビオの方はやはりとことん「下品」であるべきだと思う。昨今はスタイリッシュに見せる傾向があるが、オレはやはり下世話なものに興奮する。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

沢庵

沢庵
今年で監督になって11年。
オナニー独身貴族。
何がエロいか分かります。
Twitterも始めました。
新作情報はこちらから
随時アップします。
月間アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
ギャラリー
  • 指刺し確認。
  • スカイちゃんこダイビング
  • スカイちゃんこダイビング
  • スカイちゃんこダイビング
  • スカイちゃんこダイビング
  • スカイちゃんこダイビング
  • マイガジェット紹介
  • 100均にあるもの。
  • 新年のご挨拶(財布ありバージョン)。
  • ライブドアブログ