2017年12月06日

ビリギャルに学ぶ

少し前のことですが家族4人で『ビリギャル』の小林さやかさんの講演会に行ってきました





子供たちも一緒に行っていましたが、退屈がることもなく大笑い



やる気スイッチは誰が押すのかってテーマでしたが、結局自分なんですよね・・・


1.ワクワクする目標を設定しよう

2.根拠のない自信を持とう

3.
具体的な計画を立てよう
   ・6割以上〇が取れるあたりまでドリルを引き下げる
   ・基礎をしっかり固める

4.目標や夢を公言しよう
   ・自己成就予言
   ・ピグマリオン効果
人間は期待された通りに成果を出す傾向があることを指す。別名、教師期待効果、ローゼンタール効果とも呼ばれる。)
      期待を込めれば人は伸びる

5.憎しみをプラスの力に変えるべし



子供とうまく二人三脚

1.子供を信じる

2.beingで褒める

  ・存在自体を褒める
  ・I メッセージで伝える

1.アイメッセージ;相手の心に届く話し方
・T.ゴードンが「親業」の中で提唱したコミュニケーションの方法。「私メッセージ」ともいう。「私」を主語にして,自分自身がどう感じているかという思いを語ること。
 
2.ユーメッセージ;相手をやっつける話し方
・「あなたメッセージ」ともいう。「あなた」で始まるか,「あなた」がどこかに入っている話し方のこと。非難,評価,説教,指示などはユーメッセージである。ユーメッセージは相手の考え方を破壊するような影響を与えることが多いため,「相手をやっつける話し方」になりやすい。

  ・自我を芽生えさせる=自己肯定感につながる

3.怒らない
  ・アンガーマネジメント
  ・ピグマリオン効果
  ・コーチング(相手の能力を引き出す)
   コーチングの基礎は1.傾聴、2.質問、3.承認





ワクワクすることを子供たちが見つけて、それを目標に頑張れるだけの気持ちがあればどんどん伸びていく

そんな話でした


親や周りはコーチングの力を鍛える、信じる、褒める





私もワクワクを求めて今まで頑張ってきたなって思います

ワクワクがないと仕事って頑張れない・・・




子供たちがワクワクを見つけるためにもいろんな経験をさせてあげたいなと思いました



コーチング・・・勉強しなおそうと思います









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

思春期の子どもの心のコーチング [ 菅原裕子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/12/6時点)




I メッセージで伝えるって難しいなぁ・・・



にほんブログ村



にほんブログ村



にほんブログ村



人気ブログランキングへ



wabisuke_camellia at 08:47│Comments(0)自分 | 支援

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

わびすけ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント