錆び塗装道路柄マスキングテープ

2018年02月26日

トップガンのUSNピン

e7clマーベリックのG-1に付いていた米海軍のインシグニアは、現代の真鍮製のモノよりも少し大きく、USNの文字と錨のバランスも違う。いろいろ探してみたが、どうも第二次大戦時の襟章ではないかという結論に達した。オリジナルはスターリングシルバー製のゴールドメッキ仕上げで、クサリ等の細部まで凝った型である。いつまで製造されていたかは不明だが、マーベリックの父の形見ではないかという仮説を立てている。

usn03ともあれ精度が要求されるので、MADE IN JAPANである。これをG-1に1個サービス(2018.02.26現在)して、別途販売価格は4,800円は、本来ありえない設定であることをご理解いただきたい(かなり無理をしている)。

usn02裏のクラッチピンは、MADE IN USAの真鍮製だが、少し加工しており、他のクラッチピンはそのままでは使えないことが多いと思う。ので、もし紛失された場合は無料でお送りするので、G-1の購入年月日とともにご連絡いただきたい。

usn01取り付け方法だが、ピンバックは通常のように針状に研いでおらず、真鍮よりも柔らかい銀製品なので、取り付け位置を確認して、先に千枚通し等で穴をあける必要がある。右写真のように安全ピンを付けてお送りしているが、さらに千枚通し(100均で十分)を使って十分に穴を広げていただきたい。そして、本体を通す時も力を入れすぎず慎重に取り付けていただければと思う。

awl52018/10/11更新 安全ピンの替わりに千枚通しを付けてお送りする。ただし、取り扱いには十分に注意されたし。





usn05場所は、アメリカンにテキトーで、とお願いしたいところだが、あくまで見本としては、左写真の感じで付けている。左はUSNの文字分だけ空けて、上下はSが中心に来るような位置(少し下気味になる)。緑のポケットのラインは垂直ではないので、ジッパーのラインに平行にした方がいいと思う。

https://www.maxcady.com/selections/topgun.htm


wadahironet at 13:13 Comments(0) モノ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
錆び塗装道路柄マスキングテープ