絶対色感64分の1 by MAX CADY

2018年11月29日

トゥルー・ロマンス25周年

トゥルー・ロマンス、公開当時は賛否両論だったが、25年経ってジワジワ来る映画である(IMDbで現在☆7.9)。監督は「トップガン」と同じ故トニー・スコットで、舌を使ったエロティックなキスシーンやパッチ貼りまくりのジャケットなど、「ならでは」が多い(ヴァル・キルマーも)。また脚本がタランティーノだというのはわかりやすいが、本人は納得していなかった(自分が監督をしたかった)ようだ。なお実際はチョイ役だったブラピが主役=クラレンスという案もあったことを、25年前を知らない方にお知らせしたい。
前置きが長くなったが、今日はトゥルー・ロマンスのM65の海外出荷があるのでその様子を。
tr1
パッチとブラッドチットのみをご購入の場合、ブラッドチットはモノクロの説明書に従って端を折っていただき、できれば折り目をアイロンしてから縫製していただきたい。縫製ができない場合は、折り目の部分でカットして全体をアイロン付けすることになるが、実はM65はフードが格納できる背面に平織ゴムが入っており、シワが付かないよう注意が必要である。
tr2
そもそもM65をMAX CADYでお買い上げいただければ丁寧な縫製(^^)
パッチ類も正確な位置にしっかり着けるので、やっぱりMAX CADY製をお勧めする。
tr4
今日はラージ・ロング。特に海外には根強いファンがいる。
M65自体もMAX CADY製となったのはこの秋からで、実に公開後25年後からのスタートである。
https://www.maxcady.com/selections/trueromance.htm


wadahironet at 13:56 Comments(0) ワードローブ | 映画

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
絶対色感64分の1 by MAX CADY