ノドグロインディ・ジャケット by MAX CADY

2019年02月12日

インディ・ハット 最後のロット

hatl
昨年、紆余曲折を経て何とか延命をしていただいたハーバート・ジョンソン製のインディ・ハットだったが、本日の入荷分で終了が決定した。

ハーバート・ジョンソンは元来英国王室御用達の老舗帽子工房で、「レイダース」(第1作)撮影にあたり衣装担当がこの工房に依頼して、このインディ・ハットが誕生。以来民間用のハットに、"POET"と呼ばれるこのインディ・モデルがラインナップされていた。

が最初の映画の撮影から37年経過した一昨年、ハーバート・ジョンソンは本来の王室・英軍向けの高品位モデル(現地価格で5万以上)にのみ"Herbert Johnson"の名前を冠することを決定し、昨年例外的に認めていただいたMAX CADY向けのインディ・モデルも今回で終了となった次第である。もちろん復活の予定もない。

hat3ついに絶版が決定したので、もし以前から「いつか」「そのうち」と思われていた方は、このラストチャンスを逃さないでいただきたい。また既にお持ちの方にはより大切にしていただき、もし余裕があるならば1点保存用にキープしていただければと思う。今後、日本でハーバート・ジョンソン・ブランドのハットが8万円以下で買えることはないであろうし、将来的にミントならばインディ・モデルにその値段が付けられても不思議ではない。

5775644aでは今後MAX CADYはどうするかというと、現時点ではハーバート・ジョンソン社から別ブランドでのオファーを受けており、その方向で検討している。革ジャンと違って別会社での完全復刻は不可能に近いからである。
別ブランドはいわゆるセカンドブランドで、ポロ(ラルフ・ローレンの2nd)、エンポリオ・アルマーニ(アルマーニの2nd)的なものである。ただセカンドブランドと言ってもインディ・ハットは元々王室向け等のモデルとは違うセカンドラインなので、材料や品質は全く同じになる予定である。

とは言え、専用に作っていただく関係で価格も上がってしまうので、もしハーバート・ジョンソン製の在庫にご自身のサイズがあれば、迷わずお買い求めいただきたい。
https://www.maxcady.com/selections/indyhat.htm

なお、さらにレアモデルとなるグレー版は61cmのみ在庫、セカンドブランドでの製造はないので、これが最終最後のモデルとなる。
https://www.maxcady.com/selections/indyhatg.htm

同様にマイケル・モデルも在庫限りで終了、セカンド・ブランドでの製造予定はなく、今後お問い合わせいただいても対応できないので、このラストチャンスに是非。
https://www.maxcady.com/selections/mjhat.htm


wadahironet at 16:32 Comments(0) ワードローブ | 映画

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ノドグロインディ・ジャケット by MAX CADY